おしどり夫婦がついに……!

高橋ジョージ&三船美佳、離婚へ!! 「やっぱり仮面夫婦」「宗教の絆あったのに」と驚きの声

2015mifunemika.jpg
三船美佳オフィシャルブログより

 高橋ジョージと三船美佳の離婚が、16日付のスポーツニッポン一面で報じられた。結婚当時は高校生だった三船だけに、24歳上の中年ミュージシャンとの“電撃婚”は当時大きな話題を呼んだ。その後はおしどり夫婦として、イベントやバラエティ出演の機会が増えていたものの、近頃では離婚説がささやかれるように。高橋の“束縛”などに疑問を募らせた三船が離婚を切り出し、すでに離婚調停は決裂しているというが……。

 ロックバンド・THE 虎舞竜のボーカル高橋が、三船と結婚したのは1997年、40歳の時だった。もともと高橋のファンだったという三船は、コンサートの楽屋で初対面を果たし、その後交際を開始。三船が婚姻可能となる16歳になるのを待ってからの結婚となった。

「結婚当時の報道では、三船も高橋も同じ宗教団体の信者であると伝えられ、週刊誌などでは“宗教婚”と報じられたことも。さまざまな絆で結ばれた両者だったので、今回の報道には衝撃が走りました」(週刊誌記者)

 タレント活動が本格化した2000年以降は、三船は年の離れた夫との夫婦生活について、また高橋は大ヒット曲「ロード」で億万長者だった過去についてをバラエティで語ることが増えた。

「しかしネット上では、別居が始まったとされる12年頃、テレビ出演時に夫婦の楽屋が別々だったことから“離婚危機”といわれていました。また今回の報道では、三船が一昨年頃から、10歳の一人娘と母親で女優の喜多川美佳と3人で大阪のウィークリーマンションで生活中とされており、すでに夫婦生活は破綻していたようです」(ワイドショースタッフ)

 この離婚報道に、ネット上では「やっぱり仮面夫婦だったんだ」「あの年の差は無理があったみたいだね」「結局熟年離婚か」といった声が上がっている。また三船に関しては、「美佳さんの人生を考えると、こういう道の選び方もありかな」「32歳ならまだまだやり直しできる」など、心情を察する意見も。

 さらに高橋は、かつて出演した『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、「俺は公明党支持だけど」と特定政党を支持する発言をし、番組から“強制卒業”させられたという過去も。

「そこでミソがついたことも当然ありますが、やはり高橋に関しては『夫婦セット』という印象が強すぎる。『ロード』ヒット時の年収を振り返るくらいしか、バラエティでの使いドコロがなく、またトークでも三船に助けられていただけに、理由がどうあれ、高橋の今後の芸能活動は絶望的でしょうね」(同)

 三船は、早すぎた結婚によって失ったものを取り戻そうと、今回の決断をしたのだろうか。双方からの正式発表が待たれる。

ジョージを見捨てないのは「ロード」だけ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム