谷間の次は尻!!

藤原紀香、“尻写真”アップで炎上!!  「ホント痛い」「テレビ需要が減ったから?」の声

2015norikablog.jpg
藤原紀香オフィシャルブログより

 藤原紀香が14日、自身のブログにアップした“尻写真”が話題になっている。はやりの“セルカ棒”で撮影されたという写真は、お尻ドアップのバックショットで、「本日のバルマンのパンツ~」という言葉が添えられている。一部ニュースサイトでは、現在43歳とは思えない引き締まったお尻に「ファンから絶賛の声」などと伝えられているが、実際は……。

 藤原は同日のブログで、知人からセルカ棒をプレゼントしてもらったことを報告。続けて車内での自画撮り、続けて話題の“尻写真”をアップしたのだった。

norikanosiri.jpg
藤原紀香オフィシャルブログより

「コメント検閲が行われるブログ上では、確かに藤原のスタイルを称賛する意見であふれ返っていますが、ほかのBBSなどでは『この“見て見て感”がホント痛い』『見せ方が歳相応じゃないんだよね』『テレビ需要が減って、こういう方法でしかアピールできないのかな』などと、 “自分大好きアピール”に批判が殺到しています。藤原は今までも、胸の谷間を強調した写真や、入浴中の写真をアップしたことがあったため、今回もネットユーザーは『またか』と思っているのではないでしょうか」(芸能ライター)

 さらに藤原はこの前日にも、ネット上で物議を醸す“ネタ”を投稿している。ボランティアの仕事に使うための写真のデータを、知人編集者に送付するよう依頼していたものの、なぜか音信不通になってしまったという。ブログでは「不実極まりない行動で、悲しい反応であれば、付き合い方に線を引くこと、最悪は、ご縁の清算も致し方ないと私は思うのです」と、怒りをあらわにしていた。

「こちらに関しても『さすがにそれは相手が悪い』という同情もある一方で、『わざわざブログに書かなくても……』『せめて決着してから書きなよ』『自分の性格の悪さをアピールしてるようなもん』といった意見が。藤原の意外な“粘着キャラ”が叩かれる結果になりました」(同)

 ブログ開設当初から「私、マメな人だし、情報発信とか好きだし、、、(ブログは)向いてると思う」といった高飛車発言や、年齢に見合わない顔文字の連発が話題になっていた藤原だったが、久々に立て続けの炎上が発生した。現在は実家が被災した阪神大震災から20年ということもあり、防災やボランティア活動に勤しむ藤原だが、ネット上ではブログ炎上に話題が集中してしまうところもまた、彼女だからこそなせる技だろうか。

ブログトップ画像“抜けの鳥居”の方が気になる……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!