[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

NEWS・加藤シゲアキ、処女小説が映画化! 編集者太鼓判も「中島裕翔主演はバーター丸出し」?

katomegane.jpg
作家先生仕様のメガネでごきげん

 かねてから“小説家”としての新たな一面に注目が集まっていた、NEWS・加藤シゲアキの処女作『ピンクとグレー』(角川書店)が、Hey!Say!JUMP・中島裕翔主演で映画化することがわかった。同作は、青春時代をともに過ごした親友2人が、ともに芸能界で体験した光と影を描いた小説で、監督は行定勲氏が務め、来年公開予定という。

 同作は2012年に発売され、累計16万部のベストセラーを記録。その後も『閃光スクランブル』『Burn.‐バーン‐』(同)と立て続けに書き下ろしを発表し、これら3作は加藤が学生時代を過ごした渋谷をテーマとした“渋谷サーガ”3部作とも称されている。同シリーズに対しては業界評も上々で、「アイドルの自伝」と揶揄されることはなく、作家・石田衣良は『ピンクとグレー』について「この本はジャニーズの誰かが描いた芸能界の裏側ではなく、才能あるひとりの青年が全力で書いた“リアル”だ」と推薦文を寄せていた。

「本を読んでわかったことですが、ゴーストなどを使わず、明らかに加藤本人が書いていることが伝わってくる文体です。有名人がノンフィクション本を出す際には、当然ゴーストライターやアドバイザーとなる作家が付くものですが、少なくともこの3冊に限っては全て自らが考案・執筆を行っているものでしょう。内容的にも面白く、出版業界的にも、自力でここまで書ける有名人かつ若手作家というのは稀有な存在。単なる一発芸的な作家デビューではないだけに、映画化などメディアミックスが進められるのも当然の流れです。実際、映像化に動きたいと声を上げる社もあったそうですから」(文芸担当編集者)

 今回の映画化に関しては、ネット上でも「シゲアキ先生、おめでとう!!」「シゲアキと裕翔のコンビなんてうれしすぎる」「ジャニーズっていう偏見持たないで、いろんな人に見てもらいたい」といったファンからの喜びの声が飛び交っているようだ。

「一方では、主演が中島という点について、『主演はジャニーズって決まってたんでしょ』という冷めた意見も。同じジャニーズ事務所・藤島ジュリー景子副社長の派閥である加藤と中島だけに、一応主演はオーディションで選ばれたとなっていますが、わかりやすすぎるバーターです。このキャストからすると、ジャニーズの映画製作会社・J Stormが手がける可能性が高いのでは」(ジャニーズに詳しいライター)

 ともあれジャニーズの小説家デビューでさえ前代未聞の上、その作品が映画化となるのは確実に快挙だろう。公開まではまだ1年先の話だが、ひとまずはその日を心待ちにしたいと思う。

まさかの「自分主演」にしなかったのは賢明な判断かも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク