イケメン風俗店&イケメン兄弟、とにかくエッチにちやほやされたい人に贈るTL2作品

 正月ボケもおさまってきた頃ですが、みなさん妄想してますか? イベント事も多かったこのシーズン、やっぱり人肌が恋しくなりますよね。そんなちょっと寂しい人のために、今回は直球で、主人公がモテまくるTLコミックを2作品ご紹介します。現実はキビしいからこそ、マンガの中でくらいちやほやされていい男に囲まれたいですよね!

「本番アリ!女子専用風俗店」

comic2.jpg


 ミツが亡くなった祖母から継いだのは女性向け風俗店。働いているのは店長のヒリトを筆頭にキャラの立ったイケメンだらけです。しかしエッチなことに免疫がない上、この仕事が後ろめたいミツの経営はうまくいかず、売り上げはガタ落ち。そんなミツにヒリトは「体験レッスン」を持ちかけ、ミツの処女を奪ってしまいます。それからというもの、ミツはヒリトが気になりだすものの、店でミツを狙っていたのはヒリトだけではなく、従業員たちからミツは次々とエッチなことをされてしまい……。

 いわゆる逆ハーレムものとでもいいましょうか、次から次へとイケメンに犯されまくり、すっかりモテモテ気分が味わえる作品です。しかも俺様、インテリ、ショタ、ツンデレ、挙げ句の果てには韓流スターと、人気キャラを大体把握したラインナップのイケメンたちなので、お気に入りのシーンが必ず見つかるはず。それにしても、こういう店って実際にあるとは聞きますが、本当なんですかね。

「お願いっ、イかせて!」

comic200.jpg

 緋七が家庭教師をしているのは、彼氏・春音の弟・煌大。春音が忙しくてなかなか会えず寂しい思いをしていた緋七は、あるきっかけで煌大と体の関係を持ってしまいます。ずっと緋七に片思いをしていたという煌大と、関係を続ける緋七。ドSな兄弟と代わる代わるセックスして、だんだん心が揺れてきてしまう緋七ですが……。

 イケメン兄弟2人に全力で取り合われる、王道的なストーリー。明けても暮れても兄弟のどちらかとヤッてる主人公ですが、三角関係の微妙な心のすれ違いにちょっと切なくもなったりする、少女マンガ的テイストの強い作品です。兄弟はどちらもドSキャラですが実は優しいところもあったりして、キュンとしてしまう人も多いはず。まあこんな兄弟に囲まれたら、間違いなくずるずるいってしまうのが女だとは思います。

 「本番アリ!女子専用風俗店」「お願いっ、イかせて!」は、ただいまコミックシーモアで配信中。まだ当分寒い日が続きそうですから、モテまくり妄想で心を温めていきましょう!

コミックシーモア利用者2000万人突破記念キャンペーン実施中! 「応募する」を押すだけで現金1000万が当たるチャンス!!
(応募期日は2015年1月31日まで)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ムショ飯はうまいのか?
  18. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  19. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!