仁科友里の「女のためのテレビ深読み隔週報」

安藤美姫、ことごとく大炎上の理由――「ありがたがるはず」というお姫様脳の正体

2014amikity.jpg
『MyWay~安藤美姫写真集』(集英社)

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな芸能人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の芸能人>
「自分から話しかけることを心がけています」安藤美姫
『ダウンタウンDX』(読売テレビ系、1月8日放送)

 何かがずれている――未婚で子どもを出産したことを告白し、現在はスペイン人スケーターとの交際宣言した安藤美姫を見ると、こう思わずにいられない。

 安藤美姫の出産は世間に衝撃を与えた。「父親の名前は言えない」という発言からは、「ワケありの恋」であることが察されたが、「犯罪に巻き込まれないように、子どもの顔は公表しない」という発言からは、子どもの安全を第一に考える母としての決意も感じられた。

 出産する多くの人がするだろう結婚をしなかった安藤を「ワケありな女」、もっと言えば、「男にだらしのない女」と見るムキもある。ある週刊誌が、安藤選手の出産を支持するかどうかアンケートを募ったが(のちに撤回)、ここには未婚での出産が「良くないもの」という世間の意識が透けて見える。これはおそらく現役時代から、安藤が自身の恋愛事情を隠さなかったことも原因だろう。もし未婚の母となったのが、浅田真央のように恋愛報道のない選手であったら、マスコミも「よっぽどの事情があった」と解釈したのではないだろうか。

 安藤は、健気に頑張るシングルマザーか、だらしない女なのか。彼女の行動から見るに、だらしない説が優勢だろう。安藤は日本人の某スケート選手と同棲、彼は子どもの父親ではないというが、結婚するために、スケートをやめて居酒屋で働き始めたそうだ。2人が指をからめてデートする姿は、女性週刊誌にも掲載されている。しかし、安藤はその後、スペイン人のスケーター、ハビエル・フェルナンデスとキスをしている姿を週刊誌に撮られる。当初は友人だと説明したが、インスタグラムで交際宣言。捨てられた形となった日本人男性は、慰謝料請求を考えているそうだ。

 独身である安藤の恋愛は自由だが、相手をポイ捨てする形で男を渡り歩く姿は、「だらしない」と思われても仕方がないだろう。新年を迎え、安藤は恋人と自分と娘、3人の画像を公開する。安全面の問題や、自分で公開しないと発言したのに、娘の顔を公開した安藤に批判が殺到した。

 この人は、なぜわざわざ叩かれるようなことをするのだろう。バラエティ番組に出まくる安藤を注視していてわかったのだが、安藤はものすごい“お姫様脳”である。

 姫ぶりが一番よく表れていたのが、『うちクル!?』(フジテレビ系)である。安藤の小学生時代からの友人である元フィギュアスケート選手が、「トリプルを、スピードなしで飛べた」「どうやって4回転飛ぶの? って聞いたら、遊びでやっていたらできちゃったって言われた」と天才ぶりを証言する。

嫌われ者の天然キャラって新しすぎる

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク