【うわさの会見場から】

高岡奏輔、“負け戦”必至の会見にマスコミ集まらず……恒例の「改名」ナシのお寒い現状

2015takaokasosuke.jpg
高岡奏輔オフィシャルブログより

 俳優の高岡奏輔が昨年12月29日、都内で行われた主演舞台『悪』の公開稽古と会見に参加。久々に公の場に姿を見せることとなった。

 高岡といえば2011年、Twitterで韓流ブームやフジテレビに批判を展開したことで騒動に。当時所属していた大手事務所・スターダストを退社し、同年末には07年から結婚していた女優の宮崎あおいと離婚するなど、さまざまな波紋を呼んだ。若松孝二監督の遺作となった映画『千年の愉楽』(13年3月公開)に出演したほかは目立った活動が見られなかったが、昨年5月から谷原章介、篠原涼子らが所属する大手のジャパン・ミュージックエンターテインメントに所属。

 大きな前進と思われたものの「ジャパンに所属した際、スポーツ紙で“俳優活動を本格的に再開”と大きく報じられましたが、それ以降の目立った活動といえば同12月に仲間由紀恵主演のドラマ『SAKURA~事件を聞く女~』(TBS系)にゲスト出演したことくらいです」(スポーツ紙記者)という。

 この主演舞台の会見は、所属事務所にとっても生まれ変わった高岡の“完全復活”をアピールするチャンス……と思いきや、各媒体へのこの会見の売り込みは、かなり消極的だったとか。

「まず開催の日時が、『NHK紅白歌合戦』の公開リハーサル初日と丸かぶり。わざわざ同じ日にぶつけてくるとは、『大きく記事にしてもらわなくて結構です』と言っているようなものですよ。実際、取材に出向いた媒体もそれほど多くなかったそうです」(同)

 年末のドタバタに紛れてひっそりと“復活”した高岡だが、次のような声も。

「1999年に高岡蒼佑でデビューしてから、2006年に高岡蒼甫に改名。11年12月に再び高岡蒼佑に戻し、13年の12月には現在の高岡奏輔になりました。年末の半恒例化した改名が昨年はされなかったので、現在の心境は落ち着いているのではないでしょうか……?」(芸能ライター)

 会見では共演者からは素顔を「意外と怖くない」「おっとりしている」などと暴露されて照れ笑いだったという高岡。今後も穏やかに活動していってほしい。

改名回数、石原真理とタイ記録更新中

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  5. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  6. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  9. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  10. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. テレビとギャップありなジャニーズ
  14. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  15. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  16. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  20. 西内まりや、なぜ月9主演受けた?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー