時代が動いた!

「戦犯はとんねるず」フジテレビ、年末年始番組でテレ東に敗北!! “振り向けばフジ”へ

2015hawaiisp.jpg
『オールハワイナイトフジ2015』(フジテレビ系)公式サイトより

 1月第一週(12月29日~1月4日)の週間平均視聴率で、フジテレビがゴールデン、プライムそれぞれでテレビ東京を下回り、民放最下位に転落した。視聴率調査が開始された1963年以来、初めての記録とあって、ネット上では大きな話題を呼んでいる。

 大みそかは映画版『ワンピース』を再放送し、「勝負を捨てた」といわれたフジテレビ。同放送の視聴率も3.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と大惨敗だったが、元旦の『FNS正月だよ!オールハワイナイトフジ2015ハワイにいる芸能人大集合!ビッグスターからのお年玉つき生放送SP』は4.4%、2日は『くりぃむしちゅーのテレビでは見せない芸能人年末イベント全部観せます!』が5.1%と惨敗続きとなってしまった。 フジの元旦ゴールデン帯番組を振り返ると、12年が『ペケポン』12.0%(第2部)、13年『ほこ×たて』11.3%(第2部)、14年『ホンマでっか!?TV』10.7%と2ケタ揃いなだけに、今年の惨敗ぶりは特に際立っているようだ。

「この事態を招いた“戦犯”は、1日午後7時から放送の『オールハワイナイトフジ2015』にメインとして出ていたとんねるずといわれています。同番組の視聴率は、民放最下位でした。フジと同じく、近年ではとんねるずの凋落ぶりも各所で伝えられており、2日の正月恒例番組『夢対決2015 とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』(テレビ朝日系)でも、『木梨憲武がつまらなすぎる』の声が上がっています。番組内では錦織圭とのテニス対決が行われたのですが、トーク中に何の前触れもなく『ちなみに(ピンクレディーの)ケイとミーは活動していません』とギャグを挟んだり、撮影カメラをコートに持ち込んでプレーの流れを止めるなど、意味不明のボケを繰り返して批判を浴びていました」(芸能ライター)

 一方でテレ東のゴールデン帯は、30日の『開運!なんでも鑑定団スペシャル』で9.4%、31日の『年忘れにっぽんの歌』で5.8%、1日の『大食い世界一決定戦』で8.9%と、同局定番コンテンツで健闘している。結果的にフジが1月第一週のゴールデン帯で2ケタを取れたのは、29日の『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP20周年大感謝祭』(10.9%)、3日の『VS嵐2015賀正新春豪華2本立てSP』(第1部10.8%、第2部14.9%)、櫻井翔主演ドラマ『大使閣下の料理人』(11.8%)の3本のみだった。

「この『嵐の力を借りてようやく……』という結果に、ネットでは『でも相変わらず給料は1位という不思議』『テレ東がすごいのか、フジが本格的に凋落したのか』『もはや振り向けばフジテレビ』などという声が出ています」(同)

 5日に行われた定例記者会見では、亀山千広フジテレビ社長「これが私たちに突きつけられた現実」とコメントしていたように、今年もフジはその凋落ぶりを視聴者に印象付けるスタートとなってしまったようだ。

戦犯はトナカイ説も支持したい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク