「思ったよりニオってる!?」トイレや“あのとき”にご用心、デリケートゾーンのニオイ

Fotolia_68945815.jpg

 突然ですが、みなさんの“股”、蒸れていませんか? 寒い季節だからと安心していると、意外と汗ばむことも多く侮れないのがこの季節です。それはもちろん股も同じ。ストッキングやタイツをはき、冷え対策としてよもぎナプキンや腹巻き、さらには“毛糸のパンツ”など……「冷え性だからとにかく温めたい」「子宮の冷えなんてもってのほか!」とせっせと着こみ、ようやく外に出られるという女性も多いのでは?

 しかし、気になるには女性特有のあのツンとくるニオイ。トイレの個室で「あれ、思ったよりニオってるかも!?」と心配になることがありますよね。また、男性もニオイにはとても敏感なんだとか。「セックスの前に気になることは?」という男性への質問に、「ムダ毛のケア」より票を集めていたのが「ニオイのケア」(LCラブコスメティック調べ)。その意見を見ると「デリケートゾーンのニオイが、プ~ンとチーズのようなニオイだった…」「あまりの臭さに速攻で本番にいった」「いくら好きな彼女でも、酷いニオイと味は一瞬でセックスする気が失せる」など厳しい本音が並んでいます。

lovecosume02.jpg


 そこで、自宅でケアできる方法はないかと探したところ、陰部専用の石鹸を発見! 「LCジャムウ・ハーバルソープ」という通販のみの販売でシリーズの売り上げが181万個を突破した人気の石鹸です。膣の内側から根本的にケアすることで、清潔な状態が長持ちするんだとか。実際に利用している女性の声にも喜びがあふれています。

「彼と2人きりで会う日がなく、ジャムウ・ハーバルソープの実感を得るチャンスはずっとなかったのですが、久々に先日彼とするチャンスがありました。お互いに求め合う気持ちを抑えつつお風呂に入り、ジャムウソープで洗ってベットに入りました。『なんか今日はいつもと違うね』という言葉に私は感じながらも、すごく幸せな気分でした。ニオイが気にならないんだ! それだけで自信がわきました」(19歳、学生)
「使い始めて少したった頃、なんとずっと悩まされ続けてきた肌の質感がだんだん気にならなくなってきたんです!!! また、デリケートゾーンのにおいが気になっていたのに、このジャムウ・ハーバルソープを使って洗ってみたら、洗い流せている実感からか気にならなくてびっくりしました」(23歳 、フリーター)

 「LCジャムウ・ハーバルソープ」の使い方は簡単。ネットでよく泡立ててデリケートゾーンに乗せて3分間パック。水やぬるま湯で洗い流したらケア完了です。たったこれだけでOKなのは、一般的な石鹸とは作り方が違うからなんだそう。日本人の肌に合わせてインドネシア伝承の独自のハーブを使い、天然由来成分のみを作っているんだとか。なんでも、一般的なボディソープはデリケートゾーンには刺激が強すぎる場合があるというのです。

 1日を蒸れた状態で過ごした陰部のニオイは、自分で思ってる以上に激しいもの。そのまま彼といい展開になっても、ガッカリされる可能性だってあります。そんなお互いにとっての悲劇を迎えないよう、「LCジャムウ・ハーバルソープ」でしっかりケアしておきたいですね!

「LCジャムウ・ハーバルソープ」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  6. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  7. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “消えたAKB48”河西智美は今
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ