[官能小説レビュー]

童貞青年と見守る女の霊……青春の歯がゆさあふれる官能小説『ずっと、触ってほしかった』

童貞青年と見守る女の霊……青春の歯がゆさあふれる官能小説『ずっと、触ってほしかった』

 女が一番嫌がる男は、“童貞”なのかもしれない。初めてならば、ある程度勝手を知っている男にリードしてほしいし、セックスについていろいろ教えてもらいたい。次に付き合う男とは、一緒にセックスを開拓していきたい。結婚を考える男とは、セックスの相性も知り合える仲がいい……つまり、女の男遍歴にはどのシーンにも童貞は存在しないのだ。もちろん、童貞に手ほどきをしたい女もいるだろうが、セックスのときに主導権を男に握ってほしいと願う女は多いし、「女が主導権を握るとオカンみたいで……」と思う男もいる。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

童貞青年と見守る女の霊……青春の歯がゆさあふれる官能小説『ずっと、触ってほしかった』のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ずっと、触ってほしかった官能小説レビュー庵乃音人のニュースならサイゾーウーマンへ!