【ジョニーの小部屋】

ジェシー&マリウスは最強にSexy!? 『ガムシャラ!』、単独CMでプッシュ続くジェシー

美少年軍団のドンが送る、愛するカレへのラブレター──泣く子も黙る芸能界のドンであるジョニーさん(83)に、大好きな男のコのコト、いろいろ聞いちゃえ!!

jessymain.jpg
来るか? 来るのか? と言われ続けてもう何年

[今回のジョニタレさん]
ジェシー(18)
1996年6月11日、東京都生まれ。血液型不明。Jr.の一員としてドラマや舞台などで活躍。米国人の父と日本人の母を持つハーフで、本名はLewis・まさや・Jesse。入所時はルイス・ジェシーの名で活動していたが、ジョニー社長から「名前が長すぎる」と指摘されて2012年に改名。趣味は釣り、金属探知。特技はモノマネで、ドナルドダックや徳永英明、福山雅治などの幅広いレパートリーを持つ。Hey!Say!JUMPの伊野尾慧は遠縁に当たる。

――さて今回は、次のデビューは確実ともいわれている、Jr.の最注目株・ジェシーくんです。12年出演のドラマ『私立バカレア高校』『スプラウト』(共に日本テレビ系)でのイケメンぶりが注目を集めてブレイク。13年だけで月9も含め4本のドラマに出演し、俳優としての地位を確立しました。また、Jr.の冠バラエティ『ガムシャラ!』(テレビ朝日系)ではメインを張り、雑誌「FINEBOYS」(日之出出版)のレギュラーモデル抜擢、単独CM出演など、事務所の猛プッシュぶりには目を見張るものがありますよね。

ジョニー Oh! 「I scream for ice cream !」

――え?

ジョニー 「See you later,Alligator!!」

――それ……なんなんですか!?

ジョニー 何って、英語の言葉あそび、いわば“アメリカンダジャレ”じゃな~い。ジェシーとボクの間ではやってるんだヨ。言い合ってると周りのみんなはポカーンってしてるけど、それが一層2人の仲を深めるの(ハート)。さすが、通学中に綾小路きみまろのCDを聞いていたってだけあって、笑いもハイセンスだよネ♪

――なるほど……。お父さんがアメリカ人でハーフのジェシーくんだけに、ロサンゼルス生まれのジョニーさんとそういうところでも気が合うんですね。

ジョニー しかもジェシーのパパは、ボクの大好きなショービジネスの都・ラスベガス生まれだからネ。英語教師のパパの教育方針で、家での会話は英語、テレビも英語の番組しか見ることができなかったらしくて、最初はジョニーズのことも全然知らなかったみたいだヨ。

――そんなジェシーくんが、一体どうしてジョニーズに?

ジョニー その頃アメリカ人のジョーイ・ティーっていうJr.がいたんだけど、「誰かハーフっぽい子いたら見つけてきてネ」って声かけてたら、彼が連れてきてくれたの。同じ空手教室に通ってたらしいんだけど、ジェシーは黒帯で、全国大会で準優勝したこともある実力の持ち主なんだヨ。どんなガタイのいい子が来るのかと思ったら、憂いを帯びた美少年じゃない! ひと目で“きゅん”って恋に落ちちゃったヨ。最初は少クラ(NHK BSプレミアム『ザ少年倶楽部』)の現場に来てたんだけど、軽くレッスンさせて、その日のうちに番組に出しちゃった♪

バカレアはバブルの夢だったのか……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー