[ジャニーズツッコミ道場]年始特別編

嵐の微妙な宙吊り演出、Sexy Zoneの立ち位置騒動!『紅白』ら年末年始ジャニーズMVPは?

miyakeken.jpg
かわいさだけでどこまで許されるのか試してみたんだよね!

 2014年の『NHK紅白歌合戦』から幕を開けた、ジャニーズ出演の特番ラッシュ。そこで見せたジャニタレたちの勇姿を、サイゾーウーマンが誇るジャニーズウォッチャー・太田サトル&田幸和歌子が振り返る!

■『紅白』で目立ったV6・三宅と関ジャニ∞・丸山

田幸和歌子(以下、田幸) 毎年恒例だった『ジャニーズカウントダウン』が、ついにテレビ中継されないという事態が巻き起こってしまったわけなんだけど……。

太田サトル(以下、太田) きっちり新年をカウントダウンしてくれる番組って実は少ないから、ジャニーズファンじゃなくても、毎年なんとなく見る習慣がある人もそれなりにいたみたいなんだけどね。

田幸 レポートなんかをチェックすると、新年を迎えてからは、ひたすらマッチ(近藤真彦)さんがヒットメドレーを歌いまくったみたいだけど。

太田 スペシャルゲストに黒柳徹子も登場して、後輩も巻き込んだ「新春マッチショー」。

田幸 中継がなくなった事情はわからないけど、それでこういうマッチコン状態になったのか、こういう構成だから中継がなくなったのか。

太田 よく言うジュリー班、飯島班、社長班に加えて、「マッチさん」という単独カテゴリーができてしまうかもしれない……ということで、本題の『NHK紅白歌合戦』を。

田幸 嵐の司会ぶりは、もう6年目ということでだいぶ板についてきたのかな。総合司会の有働由美子アナが要所要所でまとめてくれるしね

太田 今年は女性演歌歌手のバックで踊るジャニーズという図が多かった。

田幸 V6・三宅健の「伍代(夏子)さんの後ろで踊らされてる」という、失言(?)も飛び出したね。

太田 あれは本心ポロリなのか、完全な天然の言い間違いなのか。

田幸 でもそこで即座に頭をはたくイノッチ(V6・井ノ原快彦)と、ツッコミを入れるニノ(嵐・二宮和也)、そのスピードの速さで瞬時に笑いにしたところに感心した。

太田 もちろん肝心の踊りは日舞風で綺麗。逆に、香西かおりと細川たかしのバックを務めた関ジャニ∞は、メイン歌手よりもある意味目立ってたかもしれない。

田幸 居酒屋風のちょっとチープなセットで、歌謡ショー的な雰囲気だったんだけど、とくに香西かおりの前半、本人があまり映ってなくてちょっと気の毒だった。

太田 これは『紅白』だけじゃないんだけど、丸山隆平のちょっとずつ「お約束」をはみ出す感が、今回も発揮されていた。

おい、アラシニャンにも触れてくれ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー