TOKIOの隠れた魅力はブラスアレンジにあり? 20年間培ったロックサウンドを改めて分析

20140320-tokiozenin01-thumb.jpg
デビュー20周年であえる今年、フェス出演など精力的に活動を続けるTOKIO。

【リアルサウンドより】

 以前書いた記事【TOKIOが20年間貫いたDIY精神 「自作自演の限界」を超え続けたグループ史を辿る】のなかでも同様のことを指摘したが、アイドルが総合エンタテイメント的な性格を持つ以上、単純に音楽性のみを取り出して評価しないほうがいい。重要なのは、そのグループがその音楽性であることの説得力である。SMAPはやはりソウル~ハウスにこだわって欲しいし、V6が派手なシンセサウンドの曲を歌っていると嬉しくなる。その意味で言うと、1994年にロックバンド然としてデビューしたTOKIOにとって、ストレートなロックサウンドは大事なアイデンティティと言える。打ち込みサウンド全盛の現在にあって、大味なロックは正直古臭く思える。しかし、DIY精神に溢れたグループであるTOKIOが、自分たちの手で演奏しているという文脈を踏まえると、とても説得力がある。それどころか、「リリック」などには感慨さえ覚える。

 もちろん、ロックと言ってもさまざまな方向性がある。TOKIOの音楽的な魅力は、オルタナ以前の大味なロックの感覚を中心に置きながら、多彩なサウンドを追求している点だ。例えば、「Get Your Dream」の冒頭がJ・ガイルズ・バンド「堕ちた天使」を彷彿させるかと思えば、ストリングスと管楽器に彩られた「僕の恋愛事情と台所事情」はとてもソウルフルで、どこかスタイリスティクスを思い出したりもする。出だしがベン・フォールズ・ファイヴ「Sports&Wine」にそっくりな「VALE-TUDO」も、歌が入るときにドラムがジャングル・ビートになって、「Sing Sing Sing」的なスウィングに寄るのが面白い。TOKIOの音楽は総じて、ギター、ベース、ドラムが中心となってしっかりと演奏を聴かせながらも、曲自体は多様性があって飽きない。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク