冬こそ試してみたい、島袋聖南ら芸能人御用達のカンタン除毛テクニックとは

sesirumaia-simabukuro.jpg
島袋聖南も愛用だとか

 まだまだ寒い毎日が続き、むしろ本番はこれからですが、皆さん厚着に夢中でむだ毛のケアを怠ってはいませんか? 確かに冬は露出も少なく、多少生えていたってわからないじゃんというご意見ももっともなのですが、いざ気になる男性と一夜を……なんてことになってから、処理してなかった! と後悔しても遅いもの。いつどんなことがあるかわからない、イベントシーズン真っ盛りの冬だからこそ、しっかりとすべすべお肌を目指していきましょう。そんなすべすべ肌作りに超便利! なアイテムを見つけたので、ご紹介したいと思います。

 それがこの「セシルマイア」。お風呂で塗って1分放置、そして洗い流せばごっそり除毛ができるという、夢のクリームです。モデルの島袋聖南も愛用するというこのクリーム、ほかの商品と圧倒的に違うのはその除毛力。これまでの一般的な除毛剤は、使った一瞬は除毛できても、その後すぐにまた毛が生えてきてしまうというイタチごっこでした。それどころか、どんどん濃くなってきてしまうという悪循環も……。しかしこの「セシルマイア」が持つ特殊効果は、どんなに剛毛のむだ毛であっても徹底的に毛根から除毛してくれるため、繰り返し使うことで毛が生えにくくなっていくそう。そして、黒いぽつぽつも気にならなくなっちゃうんだとか。

 そして業界初となる“ウォーターインターセプト仕様”で、絶妙な防水粘度を誇り、クリームを塗った後に水が肌にかかっても、成分が肌にしっかり残り、除毛効果が続くんです。だからお風呂場でも除毛ができるんですね。この寒い冬の時期、温かいお風呂場でケアできちゃうのはうれしい限りです。また、強力な作用があるクリームなのに、除毛成分の中にナノ化した美容成分がたくさん配合されているため、肌への負担もかからないみたい。

sesirumai-step.jpg

 さらに、これまでの除毛クリームにありがちだったニオイもばっちりカットしてあるそうで、塗った後はスイートフローラルがふんわり香ります。手を汚さないで塗れるスポンジタイプなので、使いやすさも抜群!

 「セシルマイア」は200グラムで2,980円。この値段なら、脱毛サロンに行くよりコスパ的にも◎。浮いたサロン代で、つるつるお肌を見せつけに旅行だって行けちゃいそう。サロンに行けば時間もお金もかかるし、自分でケアすれば中途半端……そんな多くの女性が持つ悩みを解決してくれる「セシルマイア」で、つるつるすべすべのお肌を目指してみませんか?

セシルマイア

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー