[サイジョの本棚]

異端児、魔女、韓流ドラマ……「男性優位社会の脅威となる女性」の変遷をたどる

異端児、魔女、韓流ドラマ……「男性優位社会の脅威となる女性」の変遷をたどる

 『女の哲学』は、その生涯が映画化され、日本でも静かなブームを呼んだハンナ・アーレントら、7人の女性哲学者や芸術家の生涯と思想を紹介する一冊だ。最初に彼女らの波瀾万丈な生き方を取り上げることで、「哲学」に敷居の高さを感じる人でも手に取りやすい入門書となっている。  サルトルと契約結婚を交わしたシモーヌ・ド・ボーヴォワールや、妹との浮気を知りパートナーとの性的関係を断ったフリーダ・カーロ、結婚と離婚を繰り返すスタール夫人――。時に周囲から理解されず、奔放な変わり者として見られる彼女らの言動は、愚直に自分の生き方を模索した足跡でもある。迷いながらも、当時の常識や世間からはみ出すことを選んだ彼女たちの道筋は、自分の人生を周囲から「変わった人」と言われない枠内に修正しがちな私たちの視界を揺さぶり、開いてくれる。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

異端児、魔女、韓流ドラマ……「男性優位社会の脅威となる女性」の変遷をたどるのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! サイジョの本棚のニュースならサイゾーウーマンへ!