その他
【ヘルスプレスより】

「出生前診断」は怖くない? ~妊婦とその家族のために正しい知識を~

new_fetalclinic.jpg
2013年にオープンした「胎児クリニック東京」

【ヘルスプレスより】

 2013年4月、妊婦さんの血液を検査して胎児の染色体異常を調べる「新型出生前診断」の臨床研究が一部の大学病院などで始まった。しかし検査を受けられる年齢が出産予定日に35歳以上であること、あるいは費用が20万円ほどもかかることなどもあって、まだまだ限られた妊婦さんしか受けられないのが実情だ。

 さらに、報道では「検査は胎児の選別につながる」という視点だけが強調されることが多く、検査の正しい情報が妊婦さんに届きにくいこともある。1980年代から胎児診断を専門に研鑽し、現在は日本ではめずらしい「胎児クリニック」を東京千代田区で開く中村靖・胎児クリニック東京院長に、「胎児診断」について、妊婦さんやその家族は、どのように考えたらいいのかを聞く。

早くわかれば 早く治せる

「私は、20年以上にわたり、順天堂大学病院に産婦人科医師として勤務し、とくに超音波による『胎児診断』を専門にしてきました。そこには、一貫して『早くわかれば、早く治せる』という考え方がありました。赤ちゃんにとって、誕生は大きな変化のときです。肺で呼吸を始め、胎盤からはずれて自立しなければなりません。病気などがあると、この大きな変化を乗り越えられないことがあります。しかし、あらかじめわかっていれば、帝王切開で取り上げて、すぐに小児外科で手術をする、などの治療ができ、赤ちゃんが元気に生きていくことができるケースが増えます」(中村院長、以下同)

続きを読む

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!