嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2……中堅〜若手ジャニーズグループの2014年を振り返る

20140214-arashi.jpg
今年、とくに活躍が目立った嵐。

【リアルサウンドより】

 2014年も残りわずか。日ごろ、たくさんのトキメキと癒やしをくれたジャニーズの中堅~若手グループたちの活躍を振り返ってみたい。

 まずは、今年も絶好調だった嵐。前半は松本潤が『失恋ショコラティエ』、二宮和也が『弱くても勝てます』、大野智が『死神くん』とそれぞれドラマの主演を務め、さらに各ドラマの主題歌も歌い、シングル総売上が2000万枚を突破するなど、人気はまさにウナギのぼり。夏には、スピンオフ映画『ピカ☆★☆ンチ LIFE IS HARD たぶんHAPPY』が上映され、ここまで駆け抜けてきたメンバーが成長を振り返る機会にも恵まれた。その流れで、デビュー15周年の記念ハワイコンサートを実施、さらに新アルバム『THE DIGITALIAN』で新しい音楽性を見せた。その世界観を5大ドームツアーで具現化するなど、アーティストとしての力量も増している印象だ。アナウンサー以外では史上初となる5年連続『紅白歌合戦』の司会を手がけるなど、まさに日本を代表するアイドル。いや、日本の顔としてのポジションを盤石なものにした1年だった。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク