マスコミも苦笑い?

マスコミ関係者が振り返る、2014年の“お騒がせ芸能人夫婦”ベスト3

2014abetaka.jpg
高橋愛オフィシャルブログより

ブログやSNSなどを通じて、情報発信が容易になった近年、芸能人の炎上騒ぎは後を絶たない。中でも“芸能人夫婦”は人々の注目を集めるだけに、些細な言動がきっかけとなって、「痛い夫婦」認定をされてしまうことも。今回サイゾーウーマンは、2014年の「お騒がせ芸能人夫婦ベスト3」をランキング化。マスコミ関係者のコメントとともに紹介する。

■第3位 あびる優&才賀紀左衛門

 今年9月に結婚したあびると才賀。幸せいっぱいの結婚報告会見が話題を呼んだが、その直後、才賀がバツイチ子持ちであることが判明。あびるの所属事務所は、「過去のことなので発表するつもりはなかった」と言い繕っていたものの、会見のはしゃぎっぷりや交際半年のスピード婚ということもあって、早くもネット上では“痛い夫婦”イメージがついてしまったようだ。

「9月に行われた結婚報告会見は、“お姫様抱っこ披露”&“キスしまくり”と、まるで身内のパーティー感覚。記者の間でも苦笑が漏れていましたよ。またあびるについては、結婚直後に下着メーカーのイメージモデルに就任、しかしその後妊娠発表とあって『無計画すぎるのでは?』というコメントがネット上で飛び交いました。これからもいろいろとヤラかしてくれそうな2人ですね」(週刊誌記者)

 なお才賀の離婚理由は、不倫だったとも報じられている。

■第2位 高橋愛&あべこうじ

 2月にあべと結婚した高橋だが、自身の誕生日である9月14日、あべから贈られたお誕生日ケーキをインスタグラムで公開。ところがその写真は、屋台の焼きそばを入れるようなプラスチック容器に入れられたケーキに、「HAPPY Birthday、ちゃん愛」と手書き文字が書かれているという、手作り感満載のシロモノ。これに対し、ネット上では「しょぼすぎる」「え? なにこの、贈り物?」「微妙……」といったコメントが殺到した。

 さらに高橋が公開した料理写真も「汚料理」と評判に。「パサパサに見えるうえにトマトが入っている親子丼や、カレーの中にはなぜかえのきが入っていたりと、高橋の手料理はネット上で『まずそう』『あべがかわいそう』などと話題になっていました。高橋自身、『料理は苦手』と公言しているので、『なぜわざわざブログにアップするのか』といった声も聞こえます」(芸能ライター)

 さらに高橋は13年12月の結婚発表時、ブログで2人の馴れ初めをつづり「この人しかいない!と思える人に出会うことが出来て、本当に幸せです」と喜びを爆発させていたが、ネット上では「ファンに対する言葉がまったくない」「無神経すぎる」とブーイングを浴びたことも。同年のクリスマスイブには、同じくブログであべとデートをしていたと報告。あべが顔をコースターで隠した写真をアップしており、「浮かれすぎにも程がある」と批判されたことも。

「元モー娘。勢では、藤本美貴と品川庄司・庄司智春夫妻が、グアムでの家族旅行の写真として、『夫婦の営みを連想させる』ベッド写真を公開したことも。どうも彼女たちには『ファンをガッカリさせる』傾向がありますね」(同)

■第1位 山田優&小栗旬

 10月に待望の第一子が生まれた山田&小栗夫妻。結婚前から、たびたび小栗の浮気が報じられていたが、山田が妊娠中の9月にも、「フライデー」(講談社)で“デリヘル利用疑惑”がスクープされた。小栗は後輩の俳優・笠原秀幸とともに東京渋谷区の高級ホテルを訪れ、2人がチェックインした部屋には30分後に2人の美女が入室。わずか1時間後、女性だけが部屋を後にし、迎えの車に乗って走り去っていったという。

「小栗の“デリヘル利用疑惑”の一方で、12月には山田が生後2カ月の子どもを連れて、居酒屋を訪れたことが問題に。人が集まる場所は『赤ちゃんには換気が悪いので、ウィルスに感染しやすい』といった医者の指摘もあり、『母親失格』『子どもをアクセサリーとしか思ってないのでは?』などと辛辣なコメントが相次ぎました。それから、山田は突然髪を金色に染めたり、激ヤセが話題になったりと、精神状態を危惧された1年でもありましたね」(芸能誌編集者)

 交際時から小栗の浮気癖は批判の的になっていたが、山田の育児まで“炎上”とあって、「相乗的に『あそこの夫婦は大丈夫?』という声が強まった印象」(同)という。15年以降もSNSや週刊誌など、あらゆるメディアから2人のお騒がせぶりが発信されることになるのだろうか。

あんなにノロけてるのに、あべこうじの良さが1つも伝わらない不思議

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク