中国はTwitter見られないからねー

城田優、「赤西仁のカミングアウトした親友」!? 中国大手サイトの記事にファン苦笑

2014shirotay.jpg
2000年代のガブちゃん騒動?

 20日に中国・上海で初の単独ライブを行った赤西仁だが、現地メディアが「赤西のカミングアウトした友人・城田優も観劇に訪れた」と報じ、ファンの間で話題になっている。過去には月9ドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』(フジテレビ系)の撮影で同地を訪れたSMAP・木村拓哉や北川景子のオフシーンを掲載し、「北川は飛行機に乗る前にタバコをかなり吸っていた。相当なヘビースモーカー」などと報じた中国メディア(既報)だけに、またしても“ヤラカシ”てしまったようだ。

 城田は17日、Twitterで突然「女より男が好きです」とツイートし、国内ニュースサイトで「ゲイカミングアウトか?」と報じられた。しかし翌日、この反響ぶりに驚いたのか、城田は「呑みながら男の友情の話をしていただけなんだけども、、、お騒がせしてごめんなさいね」と訂正し、さらに赤西がそれに乗っかる形で「男より女が好きです」とツイートしていた。

「この流れをどう曲解したのか、中国の大手ポータルサイトサイト『QQ.com』が、城田を“(同性愛を)カミングアウトした赤西の友人”という意味合いで報道。『韓流スターに劣らぬ人気。赤西仁が上海でライブ開催。カミングアウトした親友も駆けつける』という見出しで、内容も『赤西仁の妻・黒木メイサは同行していなかったものの、弟・赤西礼保と最近カミングアウトしたばかりの親友・城田優は上海まで駆けつけ、赤西を激励』と書かれています。それなりに信ぴょう性があるとみなされている大手ポータルサイトの記事のため、城田に間違った認識を植え付けるどころか、何も知らない現地人からすれば赤西もそうだと勘違いされてしまう可能性も」(中国に詳しい編集者)

また、この公演を客席から観劇する城田の写真もバッチリと掲載され、さらに過去記事では、Twitter上に流出した赤西と黒木メイサと子どもの顔写真など、日本では考えられない非公式の画像も掲載されている。

「記事内にアップされている動画では、赤西が中国語で『はじめまして。はじめまして。はじめまして。ちょっと待って(笑)はじめまして、私は赤西仁です。昨日私は小籠包を食べました』などとMCをしている様子も確認でき、ある意味ではファン涎垂のお宝記事とも言えるでしょう」(同)

Twitterでの悪ふざけが発端となった今回の一件。“同性愛”との肩書を事実として報じられた城田にしてみたら、大陸を越えた場所での出来事と、笑ってやりすごすしかないのかも?

まさか事務所確認済みのオフィシャル記事!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!