ナンノの“疑惑”の男

小室哲哉の“偽”アイドル計画で金銭搾取! 南野陽子の“ペテン師”夫の悪行とは?

2014minamino.jpg
男運ないキャラで2015年もナンノは安泰!!

 南野陽子が2011年に入籍した会社経営・K氏の“借金トラブル”が、25日発売の「週刊新潮」(新潮社)で報じられている。これまでにも同誌や「週刊ポスト」(小学館)でK氏をめぐるトラブルが伝えられていたが、いよいよ周囲も南野に対し、真剣に離婚を勧めるようになってきたようだ。

 今回の「新潮」記事では、K氏と訴訟沙汰に発展したある芸能事務所の元社長・A子さんが登場。「小室哲哉さんがAKB48のようなアイドルグループをプロデュースする計画がある。今度、小室さんに会わせてあげるよ」などとK氏から持ちかけられ、実際に小室とも面談したことからA子さんはK氏を信用してしまい、心を許した隙にクレジットカードを奪い取られてしまったと証言している。

「A子さんは、『クレジットカードを見せたら強引に持って行かれ、勝手に290万円分も使われてしまった』と証言。この一件はA子さんが支払いを求める訴訟を起こし、12年3月に勝訴しているとのことです」(週刊誌記者)

 有名女優の夫が、こんな詐欺師まがいの行動に出るとは信じがたいところだが、周囲には常に有名芸能人の影があるK氏だけに、信用してしまう人間が続出してしまうのだという。

「実際にK氏の芸能人脈は相当なもので、南野と知り合ったのも共通の知人だったとよた真帆の紹介というし、ほしのあきや松金洋子、また青木裕子とも友人関係だそうです。小室もなにも知らされぬまま、勝手にK氏の詐欺に加担させられてしまったと考えられ、業界の間でもすっかり“要注意人物”として認定されつつあるようです」(同)

 一連の報道当初は、南野も「夫を信じる」と周囲に話していたというが、こうも不祥事が連発する事態に、南野の所属事務所・ケイダッシュ関係者も「早急に離婚してもらいたい」と考えるように。

「このままいけば、いずれはK氏が『南野陽子の夫』という売り文句で、こうした金銭トラブルを発生させる可能性もあります。もしそうなれば、なんの非もない南野にも実害が出てくるというだけに、もはや結婚生活の維持を希望する関係者は皆無でしょう」(芸能プロ関係者)

 芸能界でも随一の影響力を持つケイダッシュ所属の南野。本人さえ離婚の意志を固めてしまえば、調整や後始末は全て“お膳立て”してもらえることは想像に難くない。2015年の大物芸能人による離婚第1弾となってしまうのか――。

ヒガシ&ニッキと交際報道が出た伝説の女なのに……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  18. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと