桜井ゆづって誰?

“大物芸能人の娘がAVデビュー”にマスコミ騒然! 父はミスチル・桜井説の真偽とは?

2014yuduav.jpg
Photo by Theresa Gjolaj from Flickr

 ネット上で情報が拡散され、現在芸能マスコミが血眼になって裏取りに奔走しているネタが存在する。「大物芸能人の娘がAVデビュー」として、桜井ゆづなる新人女優のAVが、年明け発売されるのだという。

「今年は日経新聞、また東京スポーツの元女性記者がAVデビューと報じられ、その度にメディア関係者の間で騒動が巻き起こっていました。しかし今回は『芸能人の娘』とあって、さらなる大波乱が予想されています」(スポーツ紙記者)

 作品のメーカーHPを見ると、「本人は硬く口を閉ざしているが親は某大物芸能人らしい…」「複雑な家庭環境からの反抗なのか」といった煽り文句が掲載されており、これにネットユーザーは“大物芸能人”の特定に躍起になっているようだ。

「ネット上では、情報解禁とほぼ同時に『一体誰だ!?』と騒ぎになりました。一説には名字が同じこと、さらに年齢も一致とあって、『Mr.Children・桜井和寿の娘では?』と言われているようです」(同)

 しかし確定情報は何ひとつもたらされておらず、誰も“大物芸能人”の正体はわかっていない現状。こうして盛り上がり続ける外野に向けて、あるAVメーカー関係者は冷めた視線を送っている。

「ネットもマスコミも祭り状態のようですが、まず本当に誰もが驚くようなタレントの娘だったとすれば、発売1カ月前の時点でここまでの大々的なプロモーションは打たないはず。あまり話題が広まりすぎると、親をはじめとしてその関係者が激怒し、結果的に発売中止となってしまう可能性があるためです。さらに本人が公表を望まない限り、年齢や名前などプロフィールは確実にぼやかすのが常識だけに、ネットで名前が出ているような芸能人ということもあり得ない。そして一般人だけでなく、マスコミまで取材に乗り出してしまっていることは、もはや『プロモーション失敗』なのではないでしょうか」

 本作が無事リリースを迎えれば、一部記者の奮闘次第で“大物芸能人”の正体も明らかになることだろう。しかし発売前の熱気が加速すればするほど、結果的に作品が世に出回ることなくお蔵入りしてしまうだけに、取材に奔走中の記者勢からすれば痛し痒しといったところだろうか。

巧妙なPR記事ではございません!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー