噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第251回】

辻仁成、“息子思いのパパ”戦略が大成功! 中山美穂への皮肉と両輪でイメージアップ?

musukomeshi1223.jpg
「女性自身」1月6・13日合併号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 朝日新聞慰安婦報道の第三者委員会の報告が出た。吉田証言だけに頼り、それ以外の取材・確認をしなかった。木村伊量前社長という最高責任者が紙面での謝罪に反対した。自分たちを批判した池上彰コラムを掲載しなかったのは、実質前社長の判断、などなど。

 報告書を読んであの騒動が頭に浮かんだ。対立する側には取材しないでほぼワンソースでノンフィクションを書き、自らを顧みないどころか、都合の悪い言論や批判はブロック、ブロック! そっくりじゃない!?

第251回(12/22発売号より)

1位 辻仁成連載「子連れロッカー『希望回復大作戦』ムスコ飯 第14飯 特別編」(「女性自身」1月6・13日合併号)
2位「『マッサン』エリー 単身赴任で過酷ロケでも日給3万円の“NHKの掟”」(「女性自身」1月6・13日合併号)
3位「水谷豊 『4代目「相棒」に…』ラブコールの相手は織田裕二!!」(「女性自身」1月6・13日合併号)
※「女性セブン」は合併号休み

 今年最後の女性週刊誌ランキング。1位がこれ? と思うかもしれないがこれでいい。今年1年で辻仁成の評価が少し変わった。自分でも驚きだ。全ては前妻の中山美穂と、この「自身」連載の功績である。

 そして今週は特別版で拡大2頁。内容も充実だ。まずはこの1年を振り返る仁成。

「寝耳に水の離婚報道、捏造記事、あれよあれよという間に離婚成立、親権を持つことになり」

 当事者なのい知らない間に、前妻主導で離婚という事態になったことがあらためて記される。当初のマスコミ報道も、おっしゃる通り中山=バーニングサイドがコントロールしていたものね。しかし、そこから始まった大逆転劇。中山の不倫疑惑、メディアへの悪態、親権放棄で“捨てられた”夫の評価は高まっていく。そしてこの連載――。仁成のイメージ戦略は今のところ大成功だ。実際、芸能事務所「タイタン」に所属した仁成は売れているらしい。

「年末はびっしりテレビ出演が決まっていくという異常事態…」

小栗旬がユニオン作るって言ってたよ、エリー!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. “消えたAKB48”河西智美は今
  9. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  10. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ムショ飯はうまいのか?
  15. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  16. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 新春ジャニオタ放談

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!