なんという結末!

May J.、『紅白』でその他大勢扱い! 炎上歌姫に「さすがにかわいそう」の声

2015mayj.jpg
『May J. W BEST -Original & Covers-』/rhythm zone

 大みそかの『NHK紅白歌合戦』で、目玉コーナーとして伝えられてきた映画『アナと雪の女王』コーナーの概要が、22日付の「日刊スポーツ」にて報道された。主題歌「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」をめぐっては、かねてから同作で主人公・エルサ役を演じた松たか子による劇中歌と、May J.のエンディングソングの「どちらが紅白で歌われるか」問題がぼっ発していたが、今回報じられた『紅白』での演出内容について「May J.がかわいそう」という声が上がっているようだ。

 記事によると、まずは紅組出場者である神田沙也加が、ニューヨークからの中継で劇中歌「生まれてはじめて」を歌唱。続けて、声優としてエルサを演じた米歌手イディナ・メンゼルが、同地より「レット・イット・ゴー」を英語で披露する。そして中継は日本・NHKホールに戻り、ニューヨークの2人とともに出場者全員で、日本語詞バージョンの「レット・イット・ゴー」を合唱するのだという。

「本当にこの内容でオンエアされるとなると、沙也加と同じく紅組出場者であるはずのMay J.が、完全に“その他大勢”扱いをされてしまうことに。彼女の『紅白』初出場は、『レット・イット・ゴー』の歌唱アーティストという一点で決定しているとみられるだけに、『最初で最後の紅白でこの扱いって……』『沙也加との差がヒドい』『企画枠の妖怪ウォッチと同じ扱いか』などと、同情的な意見であふれ返っています」(芸能ライター)

 3月に発売したカバーアルバム『Heartful Song Covers』に、「レット・イット・ゴー」のエンディングバージョンが収録されており、オリコン週間ランキングで2週連続2位を記録。しかし、劇中で披露された松バージョンの話題ばかりが先行したため、May J.は「しょせんカバー」といった批判的な視線が向けられていた。

「カバーの印象が強いのは、May J.が出演する『関ジャニの仕分け∞』(テレビ朝日系)のカラオケコーナーの影響もあるのでしょう。May J.は、ツアーグッズとしてアナ雪のTシャツを販売したり、6月の時点で『(紅白の)スケジュールは今から空けています』と発言したことから、ネット上では『紅白へのアピールが必死すぎる』『アナ雪に便乗しすぎ』といったバッシングが巻き起こりました」(同)

 しかしこうした「May J.不要論」は、出場歌手発表の直後、松が妊娠を公表した辺りから沈静化していくことに。

「妊娠7カ月とあっては『紅白』出場もほぼ不可能とあって、それならばMay J.が『レット・イット・ゴー』を歌唱するのは順当と、世論が変わってきたように思います。それなのに、この土壇場での“その他大勢”扱いは、確かに『かわいそう』かもしれません」(同)

 一時期はMay J.に対して、ネットでも報道でもバッシングが大半を占めていたものだが「NHKとしては、今年最大の流行曲である『レット・イット・ゴー』を取り入れることは必須条件。さらに国内でアナ雪楽曲の版権を持つエイベックスは、例年『紅白』には注力している。両社の思惑は一致していたものの、最終的にMay J.をその他大勢扱いしたことは、局側からすれば失敗だったのかもしれませんね」(レコード会社関係者)という。

 こうしてバッシングから一転、期待されつつあったMay J.の『レット・イット・ゴー』だが、なんとも歯がゆい内容となってしまうようだ。こうなったらMay J.には、これまでの汚名もすべて返上するような、歴史に残る歌唱を期待したいものだが……。

村上×May J.のプロアクティブ共演に期待

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

May J.、『紅白』でその他大勢扱い! 炎上歌姫に「さすがにかわいそう」の声のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! May J.・NHK紅白歌合戦・アナと雪の女王・松たか子・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  2. 消えたタレント料理人たちは今
  3. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  7. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  8. “ふっくらもち肌”は1分間だけ、イソフラボン配合の「なめらか本舗」【本当はヤバい洗顔料】
  9. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  10. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  11. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  14. プウ美ねえさん流体重キープ術
  15. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  16. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!
  17. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  18. 消えた人気女性アスリートは今
  19. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  20. 塀の中でもクスリの乱用はアリ?

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、女性と親密写真流出
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. お下品なママサークルぶっ潰してやる!!

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参