みんな本当に興味あるのか謎だけど……

坂口杏里、ホスト豪遊報道!! “ベッド写真”流出させた「フライデー」怪スクープの裏事情

2014sakaguchianri.jpg
坂口杏里オフィシャルブログより

 所属事務所が交際を認めたことにより、ようやく正式に恋人同士となった坂口杏里とバイきんぐ・小峠英二だが、19日発売の「フライデー」(講談社)がまたも他社を一歩リードする記事を掲載した。それは坂口が新宿・歌舞伎町のホストと夜通し遊んでいたという内容で、2ショット写真も掲載、この界隈では坂口のイケメン好きは有名なのだという。坂口と小峠の交際は、同誌前号に2人の“ベッド写真”が掲載されたことが後押しになったといわれていたが、このタイミングで飛び出した“夜遊び写真”の真意は――。

 坂口は交際が明らかになる1週間ほど前、友人の女性モデルと2人でホストクラブを訪れ、5時間ほど滞在。さらにその後は24時間営業の飲食店で時間を潰すと、朝9時前にはアフターでイケメンホストと合流し、再び同じホストクラブに入店するという豪遊ぶりだったという。

「『フライデー』発売前々日の『バイきんぐ』(フジテレビ系)では、出演した小峠が坂口との交際を正式発表。ベッド写真については『この無防備な写真が全国誌に載るとは、思いもしないでしょ』と、坂口から撮影を持ちかけてきたことを明かしていました」(芸能ライター)

 つまりベッド写真は坂口が撮影・提供したもので、「フライデー」としてはネタをプレゼントしてもらった形。それなのに次号で、決していい印象は与えないホスト遊びをバラされてしまった理由とは?

「いくら話題になっている坂口と小峠とはいえ、2週続けて取り上げるほどのクラスのタレントではない。それに交際発覚後であればまだしも、それ以前の坂口の夜遊びが、わざわざ2ページも使うほどのネタとは考えにくいです」(ワイドショースタッフ)

 この不思議な掲載パターンの裏には、同誌と事務所間の“駆け引き”が存在するようだ。

「そこで1つ考えられるのは、坂口がこのホスト遊びの場で、かなりきわどい写真を『フライデー』に撮られてしまったという可能性です。その写真を引っ込めてもらうべく、インパクト大のベッド写真をあえて提供することで、大目に見てもらったのではないでしょうか。結局今回の記事は、交際前にホストと飲み歩いていたというだけのものに仕上がっており、話題作りになれど、そこまで坂口のイメージを失墜させるようなものではありませんでした」(同)

 しかしこのペースだと、年明け早々に両者の痴話げんか、そして破局まで、一挙に「フライデー」されてしまったりして?

毎日「なんて日だ」が続いて休む暇なし

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー