【うわさの会見場から】

『仮面ライダー』舞台挨拶が緊迫!! ピース・綾部祐二への危険なヤジとは?

ayabemode_01.jpg
『AYABE MODE』(ワニブックス)

 お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が13日、ゲスト出演した映画『仮面ライダー×仮面ライダー ドライブ&鎧武MOVIE大戦フルスロットル』の初日舞台挨拶に登場した。仮面ライダードライブ役の竹内涼真、仮面ライダー鎧武役の佐野岳ら15名の出演者が登壇する中、仮面ライダールパン役でゲスト出演した綾部がセンターに立つという特別待遇ぶりだったという。

「客席は熱い特撮ファンがほとんど。そのため、竹内には『進ノ介~!』、佐野には『紘汰~!』など役名で声援が送られていましたが、綾部には『熟女キラ~!』と声が飛び、さっそく笑いを取っていました」(映画ライター)

 綾部は“ゲスト俳優”としての登場ながらも「撮影中、端で変身ポーズの練習をしていたら、スタッフさんに『そこ、どいてください』って言われた」と雑に扱われたエピソードを明かすなど、芸人としての仕事を忘れず、盛り上げ役として一役買っていた。そのおかげもあって和やかなムードで進行した舞台挨拶だったが、終盤には会場がピリつくこんな場面があったという。

 実はこの日は、ちょうど綾部の37歳の誕生日だった。

「サプライズでキャスト陣がバースデーソングを歌い、巨大ケーキを贈る演出があったのですが、綾部がケーキを食べようとした瞬間、客席から『顔突っ込んでみろよ! 芸人だろうが!』と野太い声が……。お笑い芸人としては“お約束”の流れですが、すぐさま司会者が『今日は小さいお子さんもたくさん見ていますからやめてください』と制止。綾部は一瞬迷ったようでしたが、結局は司会者に従っておとなしくフォークで普通にケーキを食べ、『おいしいです。皆さんが盛大に祝ってくださって、最高の誕生日になりました』と普通のコメントをしました。取材する側としては、当然顔を突っ込んでくれた方が面白かったですけどね」(同)

 もしケーキに顔を突っ込んでいたら、翌日の報道は全てそのシーンになってしまうことは明らか。芸人と俳優の狭間で揺れてしまった綾部だが、一瞬の“間”はあったものの、見事に空気を読む対応に成功したようだ。しかしこの大人な振る舞いは、今後の俳優活動において吉と出るか――。

ヤジの声を銭形警部で再生すると途端に和みます

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム