[女性誌速攻レビュー]「VERY」1月号

「VERY」が目指す“女に好かれる女”の指標に感じた、結局男モテ目線の罠

very201501.jpg
「VERY」2015年1月号(光文社)

 女性アイドル好きの女の子が増え(しかも可愛い子が多い)、昨今の女子大生は身近な友達のスタイルにあこがれを持つのか、背格好も顔も似た感じの女の子で固まっている写真をよくSNSなどで見かけます。そんな傾向を見るに、今「女が女を好き」というトレンドがきているなと思っていたのですが、目端の利く「VERY」(光文社)は、今月号で「主婦こそ“女が好きな女”でいたい」という大特集をしているではありませんか!

<トピック>
◎主婦こそ“女が好きな女”でいたい!
◎桐野夏生『ロンリネス』
◎辻村深月『クローバーナイト』

■「女に好かれる女」像から見えてくるもの

 今の「女が女を好き」という空気には、2つの流れがあると思います。1つは、『アナと雪の女王』に代表される、「男なんかあてにならない」「結局、共感できるのは同性だった」という気付きによるもの。そして、もう1つは、女を敵視しているような女は、性格が悪くて男に嫌われて不幸になるという、人の目を意識したものでしょう。実際には、その2つが、本人も意識していないところで混在しているのが現状かと思います。では、「VERY」のいう「女に好かれる女」とはどのようなものなのでしょう。

 特集の冒頭に「“女の園”で人気者になれば、家族に円満なコミュニティが約束されるだけでなく、私たち自身にも幸せと充実がもたらされます」とありように、どちらかというと、後者の「マウンティングしていると不幸になる」から、女同士で仲良くしようという理由から生まれた考えに近いのではないでしょうか。

 また、「同性が同性を見る目は厳しい!だからこそ、“女が好きな女”でいることほど難しいことはないのです」とも書いてあります。そして、「普段も素敵、意外性も素敵、オシャレも素敵!三拍子揃ってこそ、女は女に支持されるのです」というだけに、「女に好かれる女」は同性からの厳しいジャッジを潜り抜けければならないようです。つまり、女に好きになってもらうことで、自分のステイタスやカーストも上がる……ということでしょうか。

「別に好かれなくてもいいじゃん」は愚かな意見なの?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  7. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  8. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  9. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  10. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  11. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  12. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  13. “○○が面倒くさい”芸能人
  14. 『スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏
  15. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  19. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  20. 「ド修羅場会見」を関係者暴露

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  3. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!