張り切って挑んだデートが台無しに……「冬の濃くてクサい汗」の原因と対策を教えて!

wakigamiradry.jpg

 いよいよ年に一度のクリスマス! 「クリスマスとか興味ないし~」とすまし顔している女性でも、ひそかに着々とその日に向けて準備を進めてきたのでは? クリスマスを共に過ごす相手を手配し、デートやディナーの約束まで取り付け、ホッと一安心……している場合ではありません。意外な盲点のわきの下のお手入れは済んでいますか?

 冬のボディケアは乾燥対策が第一なんて風潮がありますが、ガサガサの肌よりなにより、男性を幻滅させるのは「汗のニオイ」なんだとか……。どんなに完璧なメイクも、つるつるの肌も、酸味あるあの鼻につ~んとくるニオイが漂うだけで台無しだなんて恐ろしいものです。

 しかも、この時期は外と室内の気温差が激しく、室内に入った途端に吹き出すような汗をかきやすいもの。暑くてコートを脱いだものの、汗染みが気になってぎこちない動きになってしまったり、ワキのニオイが気になって会話に集中できない、など思い当たることがあるのでは? なぜ冬の「ワキ汗のニオイ」はあんなに臭うのでしょうか? 

 それにはちゃんと理由があります。秋・冬にかく汗の方は夏よりも水分補給が少ないために濃縮されてニオイが強くなり、さらに厚着によって汗は蒸発する行き場がなくなり、雑菌・ニオイが増殖、よりニオイやすくなってしまうのです。

 そんなワキ汗とニオイの不安を解消するには、制汗剤など一時的な対策ではなく、抜本的に改善する必要があるんだとか。昨今は、施術方法も進化していて、施術時間は1時間程度。それでいて効果はほぼ半永久的に続くことから、ワキ汗・ニオイが深刻でない人でもカジュアルに施術を受けるケースが増えているんだそう。中でも、「ミラドライ」という短時間で施術が済む方法が話題になっています。専用のハンドピースで照射するだけだから、肌を切らず、ダウンタイムもほとんどありません。

 実は、日本人はニオイには世界一敏感なんだとか。最近は「スメハラ(スメルハラスメント)」も問題視されています。「もしかして私もそうかも?」と気になる人は、まずはカウンセリングだけでも受けてみるといいかもしれません。1年に一度のクリスマス、ワキ汗やニオイフリーで思いっきり楽しみたいですね。

ミラドライ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー