お茶の間目線のツッコミ

テレビ関係者が絶賛、『イッテQ!』『月曜から夜ふかし』ら人気番組“ナレーション技”

itteq.jpg
『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)公式サイトより

 今や他局の追随を許さない「日曜夜の日テレ」。『笑点』から始まり、『真相報道バンキシャ!』『THE!鉄腕!DASH!!』『世界の果てまでイッテQ!』『行列のできる法律相談所』『有吉反省会』まで約5時間にわたって10%以上を必ず連発し続ける枠だ。最近ではその好影響が、一時は5%台と低迷していた『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』にまで波及し、8~9%台まで回復しつつある。

 その「日曜縦ライン」の中で『DASH』と1位、2位を争う人気番組が『イッテQ!』。11月30日の放送では21.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ/以下同)、12月7日も20.2%という驚異の高視聴率を記録している。

 その人気の秘密を、業界関係者はこう分析している。

「『イッテQ』の面白さは、実はナレーションの面白さにあるともいわれています。もちろん大前提として、出演者のチャレンジはありますが、その上で、そのロケVTRを料理して面白く作り上げるディレクターや、絶妙なナレーションを書く放送作家のセンスによるところが大きいのでは。ただ、それでもナレーションがつく前のVTRは、絵でいえば、鉛筆でデッサンしただけの状態。それを色鮮やかに仕上げてくれる絵筆の役割を果たすのが、いわばナレーターの声なのです」

 ちなみに、『イッテQ!』のナレーターは主に2人いる。1人は、総合格闘技イベント「PRIDE」のナレーションで知られた立木文彦。もう1人は、かつては『あいのり』(フジテレビ系)や『さんまのSUPERからくりTV』(TBS系)といった往年の名番組、今では『秘密のケンミンSHOW』『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』『誰だって波瀾爆笑』など日テレ人気番組の屋台骨を声から支える真地勇志だ。

「今、新しい番組が立ち上がったら、ナレーター候補として1番目に挙がるのが立木さんの名前。『イッテQ!』効果だとは思いますが、“数字を持ってる声”といわれています。また真地さんは、もともと俳優志望の方。ですからナレーターとして活躍している今も『声を演じている』と言ったらいいでしょうか、番組によって声質を微妙に変えているのは、演劇で鍛えられた賜物だと思います」(同)

 番組によって声を変えるのは、スタッフ側の要請でもある場合も。

「『ロンドンハーツ』や『アメトーーク!』(共にテレビ朝日系)でおなじみのナレーターである佐藤賢治さんは、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では少し堅めの声色にしています。また、『もしものシミュレーションバラエティーお試しかっ!』(テレビ朝日系)の企画『帰れま10』で、ベテランナレーターの垂木勉さんによる、『とろーり卵とチーズのオムライスは、入っているのか!?』『第28位ィィィ~~~!!』といった、オーバーな絶叫ナレーションなども、番組の意向によるもの」(同)

 「帰れま10」のナレーションは、ダウンタウン・松本人志が一時期マネしていたが、ほかにも特徴のある声の持ち主は多い。

「『プロジェクトX』(NHK)の田口トモロヲさん、『世界ウルルン滞在記』(TBS系)の下條アトムさん、『ぶらり途中下車の旅』(日本テレビ系)の故・滝口順平さん、『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)の若本規夫さんなども、一度はマネしたい声かもしれません」(同)

 また、普段は俳優として活躍している面々の中にも、声優やナレーターとして定評のある者も多い。

「渋い声の遠藤憲一さんは、映画のCMには欠かせない存在です。また、女優で人気が高いのは、学習塾『栄光ゼミナール』のCMナレーションなどで知られる中嶋朋子さん。『世界ふれあい街歩き』(NHK BSプレミアム)でもおなじみです。意外なところでは、グッチ裕三さん。キャラクターはクドい方ですが(笑)、語りはやさしい。渡辺徹さんもバラエティで見せる顔とは打って変わって、落ち着いた声が人気。『地球ドラマチック』(NHK Eテレ)のスタート以来、ほぼ毎回担当しています」(同)
 
 己の声のみで番組を面白くするナレーター。自分だけのお気に入りの「声の匠」を見つけてみてはどうだろうか。

『渡鬼』の石坂浩二こそ匠

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー