くるぞくるぞ~!

AKB48・高橋みなみ、次期総監督指名の横山由依に「熱愛スキャンダル」警報発令!?

yokoyamayui.jpg
毒にも薬にもならないならないタイプ?(撮影:後藤秀二)

 AKB48“総監督”高橋みなみのグループ卒業は、年末芸能界のビッグニュースの1つとなったようだ。発表2日前に放送された『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)で繰り広げられた“卒業ドッキリ”を覆すかのような発表で、ファンや視聴者も不意打ちで衝撃を受けたが、一部の熱心なファンや業界関係者の間では、後任に指名された横山由依所属の「太田プロ政権」化が疑問視されているようだ。

 翌日発売の「日刊スポーツ」に掲載された高橋のインタビューでは、総合プロデューサー・秋元康と行った会談の様子が語られている。それによると、発表と卒業タイミングは秋元が指示し、また後任は不要とした高橋に対して、「先頭を切れる子がいないと、このグループはまとまらない」と諭し、加えて「横山本人のチャンスにもなる」と話したという。高橋は最後は号泣しながら受け入れたということから、全てが秋元の主導であったことが伺える。

「前田敦子と大島優子の2トップが所属する太田プロは、AKB48結成当初から秋元氏の“右腕”であり同プロ取締役のI氏が中心となり、グループの運営から方針までを仕切っていました。現在でも各メディアとの交渉の場においては、秋元氏や弟の広報責任者以上に、I氏の発言が優先されるケースも多い。またHKT48に左遷された指原莉乃も同プロ所属で、前田の卒業後は同氏による“ゴリ押し”がありました」(ワイドショースタッフ)

 こうして、同じくかねてからゴリ押しを受けるものの、大ブレークには至っていない横山が“総監督後継者”という話題性を一身に背負うことに。そこで注目されるのが、横山のスキャンダル報道だという。

「もはやAKB48関連書籍の売り上げ神話も崩壊し、各週刊誌がスキャンダルを解禁するという流れができつつあります。最新の選抜メンバーであるMやSに関しても、現在進行形で男性芸能人との熱愛スキャンダルの情報が浮上している。今後、横山がターゲットになるのは明らかでしょう」(同)

 1年後の卒業宣言に“話題作り”との声も聞かれるが、卒業前に横山が異性スキャンダルを報じられるなんてことがあれば、それこそ話題性としては抜群かもしれない。

「とはいっても、やはり次期総監督の肩書を持つ横山にスキャンダルが出ても、運営はスルーすると思います。『めちゃイケ』のドッキリでも明らかになったように、熱愛報道を自ら認めて謝罪した指原や峯岸みなみは、“スキャンダル経験者”として扱われていたのに、13年に『週刊文春』(文藝春秋)でジャニーズJr.深澤辰哉との親密交際をスクープされた宮澤佐江は、完全に“ノー・スキャンダル”扱い。このようにメンバーごとで、スキャンダル対応に差があるのは、かねてから批判が出ているだけに、横山にもしスキャンダルが出た際どうなるのかは、ファンの反応含め見ものではありますね」(週刊誌記者)

 次期総監督に指名されたばかりに、スキャンダルを狙われることになった横山。ファンの不安が現実にならなければよいのだが……。
(須田恭也)

同時にジャニーズ禁止令も発令させていただきます

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク