その他
新曲発売のたびに大騒動

板野友美、新曲が「K-POPパクリ疑惑」「安室意識のMV」「安定の厚底」で総ツッコミ状態

2014comeparty.jpg
「COME PARTY!」/キングレコード

 板野友美が今月17日に発売する6枚目のシングル「COME PARTY!」に、ネットユーザーが“総ツッコミ”を入れている。かねてから「安室奈美恵を意識しすぎ」「ダンスも曲も古くさい」など、ソロ転向後は楽曲やMVが炎上していた板野だったが、最新曲は以前にも増してツッコミどころが満載のようだ。

 まず同曲詳細が発表された今月3日には、ネット上で「楽曲がK‐POPグループ・Girls Day『Easy Go』のパクリでは」という疑惑が浮上。

「しかし同曲のプロモーション記事には『リメイク作品』という記載もあり、少なくともパクリではありません。この点については、各報道で『歌詞の“COME PARTY”の繰り返しが“乾杯”に聞こえる』という部分だけがクローズアップされ、リメイクとはほとんど報じられていなかったことから、現在でも楽曲がリメイクであることを知らないネットユーザーは大勢存在することでしょう」(芸能ライター)

 そしてかねてから、身長154センチをカバーするためか、厚底の靴を履いている板野。そして今回のMVでも厚底のスニーカーを着用していることから、「安定の厚底」などという批判が。さらに、MVで見せたチアリーダースタイルが、「安室奈美恵の『WoWa』MVのパクリではないか」という声や、星条旗を模した衣装に関しては、「レディー・ガガが『Telephone』のMVで着ていたものに似ている」という指摘も出ている。

「板野は特にソロ転向当初から、尊敬するアーティストに安室を挙げているものですが、元アイドルでバラエティ露出も多い板野が、アーティスト志向をチラつかせること自体、ネットユーザーから反感を買っている印象です」(同)

 さらに肝心の売り上げに関しても、ソロデビュー後は低迷が続いている。

「ソロデビューシングル『Dear J』こそ、発売初週で16.3万枚でしたが、その後の売り上げは右肩下がり。昨年の『1%』が4.4万、最新の『little』は3.4万まで下がっています。特典次第では逆転もあるかもしれませんが……」(レコード会社関係者)

 こうしてお決まりの“炎上商法”こそ成功した板野だが、発売週の売り上げランキングには別の意味でも期待が掛かってしまいそうだ。

一粒で何度もおいしい、匠の炎上芸!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  7. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. “消えたAKB48”河西智美は今
  10. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. ムショ飯はうまいのか?
  13. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  14. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  15. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 新春ジャニオタ放談
  20. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!