乾燥に暖房で“肌砂漠”! 冬本番を乗り切る時短ケア「強炭酸」の効果はいかほど?

 冬本番、肌の調子はいかがですか? ただでさえ体調を崩しがちで肌のコンディションを保つのも大変なのに、美肌の一番の大敵、乾燥が今年は特にヒドい気がします。空気がカラカラな上に暖房が加わると、もういくら加湿しても追い付かなくて泣きそう……な人も多いはず。今回は美容にうるさい人たちの間で、「美肌が作れる!」と大評判な美容液を見つけたのでご報告したいと思います!

paris200.jpg


 それがこの「D.スプラッシュ・ラベッラ」。今や海外セレブの美容法としてすっかり定着した、炭酸を使った美容液です。楽天ランキングでも1位をゲットしバカ売れ、そして美容雑誌や女性誌、さらには『ヒルナンデス』(日本テレビ系)でも取り上げられたという、注目度抜群のアイテム。道端アンジェリカなど有名人にも愛用者が多いんだとか。そして、巷にあふれる炭酸パックや炭酸ドリンクなどの炭酸アイテムを使った筆者もびっくりしたのが、この美容液の炭酸度! 手にスプレーするだけで、パチパチ! シュワシュワ! と音を出して弾けるんです。その強力な炭酸泡を潰して顔に塗ると、びっくりする位痛いのですが、どうやらこの痛さは“不健康肌”の証しらしく、肌内部の毛細血管に老廃物が溜まっているのが原因なんだそう。

michibata200.jpg

 この「D.スプラッシュ・ラベッラ」には、従来の炭酸コスメにはなかったレベルの強炭酸が含まれていて、この炭酸ガスが血流を促進させ、ターンオーバー(肌の新陳代謝)を正常に戻してくれるんだとか。実際、1週間後にはお肌が生き生きとしてくると同時に、使い心地も“痛い”から“気持ちいい”へ変わっていきました。肌が正常に機能し始めたみたい!

 そしてこの「D.スプラッシュ・ラベッラ」には、普通の美容液には負けない程の9種類の美容成分もたっぷり配合。肌ケア、そして美肌作りには欠かせないヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、アルプチン、コエンザイムQ10などがたっぷり詰まっています。さらに「D.スプラッシュ・ラベッラ」は、ブースター、化粧水、美容液、炭酸パックとなんと1本で4つの役割を果たしてくれるのもうれしいところ。忙しい朝や疲れきった寝る前にも、サクっと肌ケアができちゃう時短アイテムとしても、めちゃくちゃ有能!

 肌の調子がよければメイクも映えて、気分まで明るくなってしまうのが女心ですよね。いろいろなアイテムを使いまくるのではなく、1本で優秀ケアできちゃう「D.スプラッシュ・ラベッラ」で、冬も輝く美肌作りにトライしてみてはいかがでしょうか。これからの忙しくも楽しいイベントシーズン、あなたの強い味方になるかも?

D.スプラッシュ・ラベッラ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  9. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  10. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  11. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. テレビとギャップありなジャニーズ
  15. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  19. GENKING、元カレ質問で大失態
  20. 松潤の飲尿プレイ疑惑にショック

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー