激ヤセ説もウソ!?

細木数子、京都に50億円の寺を建設中!? 集団催眠まがいの“勉強会”で荒稼ぎのウラ事情

2014khosoki.jpg
『平成27年 開運暦カレンダー』(ベストセラーズ)

 テレビから姿を消して久しい細木数子の近影を、4日発売の「週刊新潮」(新潮社)が激写している。例年行われている、細木が主催する勉強会の会場から出てきた際のワンシーンとのことだが、記事によると細木は自身の寿命を「あと5年」と語っているそうで、さらに現在、死に支度として70億円を掛けた寺を建築中という近況も伝えられているが――。

「掲載されている写真は、細木が小型犬を抱っこしながら歩いているというもの。以前『激ヤセした』と話題になった昨年の『六星占術による霊合星人の運命(平成26年版)』(ベストセラーズ)の写真とはずいぶん違った印象で、頬はずいぶんとふっくらしており、体形もかつての恰幅の良さを彷彿とさせます」(芸能ライター)

 かつての“激ヤセ説”を払拭する近影だが、記事では細木の勉強会についても詳報されている。参加者は老若男女合わせて100人ほどで、それぞれ1万円の会費を支払っていたという。細木は参加者らに「自分の墓を建てるべき」と説いていたが、その指導料にも10万円、さらに人生相談にも別途10万円が上乗せされるそうだ。

「同誌は昨年1月にも、細木のこうした勉強会の模様を報じています。やはり参加費は1万円で、さらにテキストとして使用する『六星占術開運暦カレンダー』を2,000円で購入しなければならない。そして講義の内容をメモに取ることは許されず、細木の質問に全員が大声で回答するという、さながら『集団催眠の現場だった』というものです」(同)

 細木のオフィシャルサイト上の勉強会のページには、「目からウロコでした」「最後にはサインもして頂きありがとうございました」といった参加者のメッセージ、また「細木数子先生に個人鑑定をお願いするには最初に“勉強会”に参加して頂く必要がございます」といった注意書きが添えられている。しかし、なぜ細木はこのように精力的に活動を続けているのだろうか。

「なんでも細木は、自分の寿命はあと5年と言っているそうで、後世に残るものを作りたいと、京都の嵯峨野に70億円かけてお寺を建設中なんだとか。すでに相当の資産があるであろう細木ですが、こうした勉強会で得たお金は、寺の建設費に回されているのではないでしょうか」(芸能記者)

 かつてバラエティ番組を席巻していた時代には、タレントに対して「あんた死ぬわよ」などと辛辣な言葉を放っていた細木。ここまでの飽くなきビジネス欲は、ついに自身の寿命まで悟ってしまったが故なのだろうか。

数子寺、珍スポットレベルではぶっちぎり

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  8. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー