その他
【ジャニーズ研究会レポート】

「バカレアへの未練はなくなった」、ジャニーズJr.京本大我&松村北斗がバカレア消滅を語る

jr.hokuto03.jpg
関西の「しょうれん」の勢いに、デビューも危うくなってきた北斗

【ジャニーズ研究会より】

 平均視聴率は2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、深夜帯にしては好調な数字を獲得した『私立バカレア高校』(2012年4月~6月に放送)。同作がきっかけでファンが急増した、高地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎の6人からなる「バカレア組」はジャニーズJr.内ユニットとして正式に存在しているわけではなく、ファンが6人を一括りにした状態につけた愛称ですが、ドラマの人気とともに勢いに乗り、12年9月には『Johnny’s Dome Theatre ~SUMMARY2012~』で、わずか3公演ながらも初のメイン公演を開催しました。

 同年10月には『劇場版 私立バカレア高校』も公開され、舞台あいさつに登壇したメンバーがスポーツ紙やワイドショーに取り上げられることもしばしば。一時は“デビュー路線”とも言われていた6人ですが、次第に雑誌やテレビでは松村&ジェシーの2人がそろって“プッシュ”されるなど、ここ1~2年で6人はバラバラになってしまっています。「Myojo」2015年1月号(集英社)では、京本と松村が対談し、バカレア組に対する思いを語り合っています。

 対談では、京本が『私立バカレア高校』を機に、6人での活動がスタートした当時について……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク