噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第248回】

安藤美姫の結婚宣言で再浮上、「子どもの父親」は誰? 元恋人・南里父が不審感示す

jisin141202.jpg
「女性自身」12月16日号(光文社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 恒例の『NHK紅白歌合戦』出場歌手が発表された。是非「アナ雪」の生声が聞きたいとの呼び声高かった松たか子は妊娠でNG。小林幸子もいまだ出演かなわず。そして暴行容疑で書類送検の山下智久もなし(そもそも最初からないか)。だが、同じくマネジャーの暴行容疑で書類送検の演歌の氷川きよしは当然のように決定! 事務所の力と、演歌の衰退で氷川は外せないんだろうね。『紅白』は芸能界の“政治”が最も露見する舞台の1つ。いろんな意味で今のNHKに公正中立なんてあり得ない。

第248回(11/27~12/2発売号より)

1位「安藤美姫 元恋人の父が激怒告白『卑怯な女に息子は利用された!!』」(「女性自身」12月16日号)
2位「向井理 国仲涼子との『子ども』と『入籍日』は12月28日」(「週刊女性」12月16日号)
3位「ダルへ! 山本聖子元夫独占告白『離婚理由』『熱愛写真』『親権』」(「女性セブン」12月11日号)

 ここ最近の芸能界は結婚&熱愛ラッシュである。ダルビッシュ有&山本聖子、向井理&国仲涼子、西島秀俊&一般女性――。そんな中、安藤美姫もまたインスタグラムでラブラブ写真付きの“結婚宣言”だ。

 お相手はスペインの貴公子といわれる年下のフィギュア選手ハビエル・フェルナンデス。2人の関係は2カ月ほど前に「自身」がスクープしている。10月4日、ハビエルは安藤の家にお泊まりし、翌日別れの際は、切ないキスをした。その一部始終を「自身」が追った見事なスクープ!

 もちろん今回も「自身」は燃えた。これは自分たちのネタだ! と。そして何を思ったか、“子どものパパ”と目される南里康晴の父親を直撃した。いじわるだが、とても面白い。そんな意地悪をしたくなるのも理解できる、ある事情が「自身」に記されていた。前回の密会スクープの際、安藤に取材を申し込んだ「自身」編集部に、安藤の母親から電話があったという。

「記事の掲載は絶対にやめてください」

 怖い大手事務所ならすぐに降参するマスコミとはいえ、しかしこんな言論封殺の言葉にマスコミの現場は燃えるのだ。これまでの経験から、南里本人が取材に応じないことは予想できる。だから今回は、安藤の悪口をいってくれそうなパパへ一直線! そして「自身」の思惑は当たった。期待通り南里パパは安藤に激怒していたのだ。

 そりゃそうだろう。南里はこれまでさまざまな報道があっても安藤の意思を汲み、基本的に沈黙を守ってきた。安藤に比べて経済力はないが、今年中には安藤と正式に結婚するとの憶測もあった。なのに、これは何だ! とパパが思うのは当然だろう。そしてパパは「自身」の直撃に息子が安藤に利用されたのではないか、彼女は卑怯だと吠える。

よくぞここまで爽やかさ無傷で……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー