[TVツッコミ道場]

「うんそうそうそうそう!」平野レミ in 『徹子の部屋』、高速トーク対決の“名人戦”に

remyh.jpg
remy」より

 高速トーク×高速トーク。どこか名人戦のような雰囲気を勝手に感じる。

 11月26日放送の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)、ゲストは「大変長いお付き合いの方」、平野レミ。40年来の仲で大の仲良しの2人だとはいえ、そこは「名人戦」。すごい攻撃が飛び出すこともある。

 レミが唐突に言った。

「私、ずっと前、妊娠しちゃったじゃないですか」

 妊娠!? あまりにもすごいことを、さも当然のことのように、「しちゃったじゃないですか」と、サラッと真顔で言う。これに、「フエッ!?」と徹子はマジビックリのリアクション。

「しちゃったじゃないですか、私。ずっと前」

 レミはやっぱり真顔。情報の整理のため、息子が2人いたことを徹子が確認すると、

「うんそうそうそうそうそう! 1回目、1回目!」
 
ということは、

「……38年前?」

 ええ!? 38年前の話を、ちょっと前ぐらいのことのように切り出すレミ。どういう時間軸で生きているのだろうか。さすがの徹子も、「……そう」と、ちょっと冷静になっている。で、レミは何が言いたかったのかというと、その当時、「胎教にいいから」と、徹子が描いてレミにプレゼントしたという油絵を今日持参したということ。たしかに「Tetsuko1976」とサインが書かれている。フランスの画家、マリー・ローランサンをイメージして描いたということだが、昔から徹子さん、なんでもできるんだな。

 そして、「それ、アナタの顔のつもりだったんだけど」と言う徹子に対して、「これに合わせてねえ、整形しようと思ったんですよ」と言うレミ。適当なようだが、たぶん真剣だ。早口で意味不明なトーク、「そうそうそうそうそう」とか「はいはいはいはい」と高速で繰り返される相づち、それでいて丁寧。この感じ、何かに似てると思ったら、鈴木奈々だ。

どっちのおばちゃんを目指そうかな~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク