大久保ニューの【美のぬか床】 第19回

美肌信仰と巨根崇拝は同じ? SK‐2コスメカウンターで感じた、“美肌”に狂う女心

美しくなりたい――世の女たちの狂おしい思いを、「44歳、ゲイ、汚部屋に一人暮らし」の漫画家・大久保ニューが担ぎ込む! 古今東西あらゆる美容法に食らいつき、美を追い求める女の情念まで引きずり出す――

SK2.jpg
(C)大久保ニュー

 「健さん」こと高倉健の追悼番組を見た。以前、CAの従姉から「健さん、ずっと話しかけてきて、すごくおしゃべりだった」という話を聞き、「本当~?」と疑っていたが、番組の中での健さんは、確かに「話し好き」の話し方だった。冒頭からいきなり「銭湯でキンタマつかみをしていた」なんて楽しげに語る健さんは意外な可愛らしさを放っていたが、やはり最後に残る印象は「いい男」だ。何と言っても、顔に刻まれたシワやたるみっぷりがいい。知り合いの60代男子(?)が「親が死んでも泣かなかったけど、健さんの訃報には泣いたよ」と言っていたが、健さんの佇まいには「男があこがれる男」たる、貫禄と説得力がある。いい枯れっぷりとはこのことだろう。

 その追悼番組の中で、健さんの遺作となった映画の撮影風景が映っていたのだが、そこに登場した綾瀬はるかに、いや、はるか様の肌にビックリした。撮影中のドキュメンタリーだから、CMのようなライティングや修正はないであろう状態でも、はるか様の肌はツルッツルのピッカピカだったのだ。「これがSK‐2の力!?」と思わず感嘆の声を上げると同時に、SK‐2のCMで双璧を為している桃井かおりに思いを馳せる。2人が共演するCMの中で、黒いドレスを着たかおり姐さんが「これで63(歳)、ワルくないと思うわけ」と微笑むキメ顔は、たるみレスなツルピカ肌。かおり姐さんにも貫禄と説得力があるのだが、健さんのような「枯れ」は皆無だ。「老い」という自然の摂理にどれだけ抵抗できているかが「女があこがれる女」のポイントなのだろうか。女であるっていうのは大変だなー……と、ぼんやり思った。

 それにつけてもSK‐2。何度も書いているが、私の汚肌を救ってくれた恩人のような化粧品である。バシャバシャと浴びるように使いたいところだが、とにかく値段が高い。基本の化粧水は215mlで定価2万円。フルセットで揃えたら、世界中の子どもにワクチンが打てそうなくらい高い。極貧マンガ家の私は、それこそ命を救う薬のように、大事に大事に使用している状態だ。そんなところへ、先月よりSK‐2デビューをした担当編集のJ子から「SK‐2のカウンターで肌診断をしてみませんか?」との誘いがきた。肌年齢が判明するのは怖いが、一応はSK‐2ユーザーの端くれ。勇気をふりしぼって、都内の某デパートへと乗り込むことにした。

 「大変申し訳ありませんが、男性は肌診断ができないのです」。美容部員のお姉さんから、まさかの先制パンチを食らった。私にアメリカの血が流れていたら訴訟を起こしたかもしれないが、あえなく試合終了。しかし、先月J子が肌診断をして「1カ月後にもう一度診断して効果を実感してください」と言われていたらしく、それにつきあうことにしてみた。一応は男の外見である私は、偽装カップルとしてJ子の隣りに座る。実は私、コスメ売り場のカウンターに座るのは初体験。覗き見気分が高まるね☆

 「これが先月の肌診断の表なんですけど☆」と得意げな様子でJ子が用紙を取り出した。なぜにそんなウキウキしてるのかと言えば、実年齢27歳のJ子の肌年齢が24歳だったからだ。そりゃあ、うれしかろう。J子の担当となる美容部員のお姉さん(たぶんアラフォー)が「では、今の状態を測定しますね」と、大きなドライヤーみたいな形をした肌診断機をJ子の肌に当てる。かなり熱心にSK‐2使い続けたらしいJ子は「まさかの十代肌」を狙っているのか、キス&クライで高得点を期待しているスケート選手のような表情。その結果はタブレットに表示されるのだが……ドロロロロロ(ドラムロール音)……J子の肌年齢は……

“巨根”SK‐2の安心感はハンパなし!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  10. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  14. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キャラ変え好調の乙武洋匡
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー