あら、お久しぶり!

内山理名、結婚のうわさ! マスコミ関係者が頭を悩ませる“元カレ”東山紀之の影

2014uchiyamarina.jpg
内山理名オフィシャルサイトより

 向井理、西島秀俊らと、年末を前にして “結婚ラッシュ”に突入した芸能界だが、またしても1人、スポンサー筋に結婚報告を行っている有名女優の名前が浮上した。あるインタビューでは「35歳までに結婚したい」と語っていたその人物は、今月33歳の誕生日を迎えている。またかつては、あの有名ジャニーズタレントとの交際が話題になっていた。

「今月初め頃から、広告代理店周辺で『内山理名が結婚するようだ』という情報がささやかれています。お相手は年上のヘアーメイクアーティストで、都内美容室で代表を務めるイケメン。内山とは仕事で知り合ったそうです」(スポーツ紙記者)

 内山といえば高校生時代にスカウトされ、「フロム・エー」のCMで芸能界デビュー。その後は女優としてドラマ・映画と次々と出演していたものだが、主演級を連発したのは過去の話で、近頃では単発や2時間ドラマ、また舞台への出演が多く、露出は控えめとなっている。そこへきておめでたい話題に恵まれた……と思いきや、マスコミ関係者は「元カレ」の扱いについて今から頭を悩ませているのだという。

「2007年の元日に交際報道が出た、少年隊・東山紀之ですよ。当時ジャニーズ事務所はノーコメントでしたが、内山は事務所を通じてハッキリと交際を認めていました。基本的に異性との交際自体を良しとしないジャニーズ事務所、しかも後輩への指導者という立場でもある東山だけに、この事態に業界も騒然となっていました」(同)

 また内山の所属事務所・スウィートパワーは、堀北真希や黒木メイサ、桐谷美玲ら人気女優を擁する中堅プロ。内山はいわばブレーク第1号タレントだが、「業界からは完全に“ジャニーズ御用達事務所”とされており、両事務所のタレント同士の共演機会は非常に多い。メイサと赤西仁の結婚は、それこそ関係破綻になりかねない一大事でしたが、それでも良好関係は続いている。しかし“ジャニーズとの交際”というタブーに踏み込んだのは、内山の方が先だったというわけです」(広告代理店関係者)という。

「結婚報道をする場合、お相手との出会いから結婚までの流れ、さらにかつての交際相手が有名人だった場合は、その情報を入れる必要が出てくる。マスコミ関係者からは、『ジャニーズサイドに、どうやって記事の許可を得ればいいのか……』という声も聞こえてきますね」(同)

 とはいえ、今では東山も既婚者の身。10年10月に結婚した妻・木村佳乃都の間には2人の子どもをもうけている。マスコミ関係者の苦悩はさておき、内山のゴールイン発表を心待ちにしたいと思う。
(須田恭也)

ここでも主役を奪うなんて罪なスター・ヒガシ……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!