ミランダ・カーも仰天? むだ毛処理のイライラとコストから解法されるならコレ

miranda-daiet.jpg

 「女に生まれてめんどくさいことランキング」のかなり上位に食い込んでくるであろう、むだ毛の処理。昨今は夏でも冬でもツルツルなのが当然となり、エステや脱毛サロンに通うことも普通のことになっています。あのミランダ・カーもファッションショーなどの前にはワックス脱毛や剃毛、レーザー脱毛を実践しているんだとか。しかし費用がかさむ上に、とにかく痛いわ面倒だわで、憂鬱になっている女性も多いのではないでしょうか。家でさくっとカンタンに処理できて効果が持続する方法はないかなあーと半ばあきらめながら願っていたところ、そんな夢のようなアイテムが登場したということであわててチェックしてきました! それがこの「D.レジーナ・エピ・プレミアム」です。

 この除毛クリーム、使い方も超カンタン! 塗って、10~15分放置して、流す。それだけで剛毛の人でもごっそりむだ毛が抜けるという優れもの。毛穴の奥から除毛してくれるのでキレイに処理できて、しかも毛母細胞の成長をブロックしてくれるので、1回のケアで約6~8週間効果が持続するというから驚きです。それからも繰り返して使っていくことで薄くなっていくようだし、使用時もヘラ不要で、手で塗って、お風呂で洗い流すだけ。最高! めんどくさくなーい!

dregina_package1.jpg

 もちろん痛みはないし、強力なのに美容成分が配合されているため、敏感肌の方でも安心して使えます。ちゃんと肌をトリートメントしてくれるので、除毛後の肌もしっとりツルツル。さらに、これまでの除毛クリームはブリーチのような嫌な匂いがしたのに、この「D.レジーナ・エピ・プレミアム」はその匂いを大幅カット。匂いを気にしないで使えそうです。

 ワキ、二の腕、背中、Vゾーン、おへそ周り、太もも、ふくらはぎと、1本で全身使えるのもこのアイテムの特徴。経済的だし、肌にも優しいし、自宅でカンタンにできて時短にもなるし、医薬部外品でプロが公認している安全な商品のため、安心して使えるなんて……まさに夢のようなクリームです。

 なんとこのアイテム、累計販売本数3万本という大人気商品。あのアットコスメでも口コミ評価5.4という高評価がついています。利用者からも「10分塗っただけでごっそり取れた」「次に生えてくる毛も細くてひょろひょろになった」「洗い流したあとは毛穴がなくなったよう!」と悩んでいた人たちの喜びの報告がたくさん上がっているみたい。うれしいことに、今なら期間限定で通常価格3,060円が、50%オフの1,530円なんだとか。

 これまでむだ毛に悩んでいた人も、もっと女子力をあげたい人も、カンタンでばっちり除毛できる「D.レジーナ・エピ・プレミアム」で、ツルツルすべすべの艶肌を体験してみてはいかがでしょうか?

D.レジーナ・エピ・プレミアム

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム