しいちゃんの芸能解説講座【裏】

“1000年に1人”橋本環奈に疑問の声、国仲涼子は株急上昇!「2014年芸能人の浮き沈み」

kuninaka-tyurasanzzzzz.jpg
『ちゅらさん4』/ポニーキャニオン

編集S 白髪抜いている間に2014年も残すところあと少しになってて凹むわ~。あっちの毛に白髪がないだけ、まだ余裕だけどさ。そりゃそうと、今年の総まとめと言えるニュースがいろいろと発表されてるね。12月8日発表の「Yahoo!検索大賞2014」では、福岡のローカルグループ「Rev.from DVL(レブ・フロム・ディーブイエル)」の橋本環奈がアイドル部門を受賞したって。橋本って、あれでしょ? 顔の割に声が酒焼けしてるみたいな、ハスキー声の子でしょ?

しいちゃん そう、「1000年に1人の逸材」「天使すぎる」と言われてブレイクしたあのコね。確かに知名度が急上昇したけど、14年12月8日付「アサ芸プラス」には、「グループ自体の人気は頭打ち」「ファンから大バッシングを受けている」と書かれていたよ。橋本自身は、Hey!Say!JUMP・山田涼介が主演する映画『暗殺教室』(来年3月21日公開)に出演するなど活動は順調。Rev. from DVLも、吉本興業のバックアップを受け、今年4月にメジャーデビューを果たした。でも、メジャー化したことが仇となり、ローカル時代からのコアなファンが離れたらしい。橋本との人気格差が広がるばかりで、ほかのメンバーとの軋轢が生じる可能性も高い、と報じられてる。

編集S そんなに人気? そもそもそのグループ名がなんて読むか知らないんだけど!

しいちゃん そう言うのも無理ないわね。ネットでも、「そんな人気ない」「地元でさえ注目されたグループじゃなかったし、コアなファンなどほとんどいない」「よくよく考えたらそれほど人気も1000年に一度とも思わない」という意見が見られるわ。一方で、橋本ファンからは「メンバー格差はあって当たり前」「ソロアイドルで売り出せばいいのに」と、独立を望む声も多い。

編集S そんな、「金にならないものは捨てろ」というアメリカ投資家みたいな考えを持ってると人生破綻するわよ。ムダこそに人は魅力を感じるんだから。特定のメンバーだけ売れると、失敗するパターンも多いでしょ。Rev. from DVLのオフィシャルサイトを見てみなさいよ。四宮なぎさちゃんとか、顔に野心があふれまくっていい表情してるんじゃない。

しいちゃん 確かに、野心ダダ漏れね! 言われてみれば、「ももち」こと嗣永桃子はバラエティ番組に出まくっているけど、所属する「Berryz工房」は15年春から無期限の活動停止することを発表し、事実上の解散。篠崎愛がグラビアで人気になっても、所属する「AeLL.」無期限活動休止中。1人が売れたからって、グループ全体の人気が上がるとは限らない。Rev.from DVLは、今年メジャーデビュー、ラジオレギュラー獲得、CM出演と大躍進して、橋本の役目は充分果たしたと言えるかも。

編集S 芸能界は浮き沈みが激しいところ。橋本だって、ネットに出回った写真がきっかけでここまでブレイクしたけど、いつ“過去の人”と言われるかわからない。

しいちゃん “過去の人”といえば、「週刊実話」2014年12月11月号(日本ジャーナル出版)に、松嶋菜々子が「過去の人」と書かれてたよ。3年前、ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)で視聴率40%超えを記録したことが話題となったものの、今年出演したのは、アニメ映画『思い出のマーニー』の声優のみ。来年1月11・12日には、ドラマ『オリエント急行殺人事件』(フジテレビ系)に出演するそうだけど、記事によると1月以降のスケジュールは「白紙」なんだって。一時は、ドラマ『家政婦のミタ』の続編制作の話もあったけど、松嶋は「キャラクターの定着」を理由に拒否。来年1月にスタートする連続ドラマ『○○妻』(日本テレビ系)の主役も、役柄が気に入らないとドタキャンしたと業界内でウワサになってる。

編集S 夫・反町隆史の主演ドラマ『限界集落株式会社』が15年1月31日からスタートするらしいじゃん。テーマは農業だって。松嶋よりそっちが気になる~。主題歌も反町だといいんだけどな~、あの野太い歌声を久々に聞かせてくれよー!

しいちゃん ネットで松嶋は「アラフォーなら今は米倉(涼子)が旬かな」「米倉を見習え」「米倉は30歳すぎてからの大躍進」「米倉の方が賢い。松嶋は価値を保とうとしすぎて、逆に価値を落とした感じ」「もう主役は無理」と、なぜか米倉と比較されて散々な言われよう。芸能記者サンいわく、「反町・松嶋夫妻は、現在、子どもの学校に近い都心の高級マンションに住んでいますが、逗子の超高級住宅地に豪邸を所有。2人で全盛期にかなり稼ぎましたから、松嶋さんは無理に働かなくてもいいんですよ。子育てに支障がないよう仕事を選んでいるのでしょう」だって。

編集S ネット民の米倉アゲこそ、世の中で一番信頼できない事象よね。米倉に少しでもネガティブ報道が流れたら、すぐに米倉叩きが起こりそう。しかし思い返せば、90年代後半~00年代前半は謎の反町・松嶋ブームがあったねえ。私は、2人の結婚会見に密着してた、前田忠明のゴマスリっぷりがいまだに忘れられないわ。2人も「なんで、コイツいるんだ?」って冷たい空気だったし……。

しいちゃん マエチューのことは忘れてあげて! 一方で、2015年に株が急上昇すると言われている女優が、国仲涼子。今年の出演作は2本でイマイチ立ち位置がわからない国仲だけど、向井理と結婚すると報道されてから、急きょ15年1月期の連続ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』(フジテレビ系)のオファーがあったんだって。結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)のアンケートによると、14年に結婚・婚約した最も印象に残った有名人カップル1位に向井・国仲が選ばれてた。今なら話題性十分、各局のプロデューサーが狙っているわよ。

編集S は~、テレビって簡単ね!

しいちゃん 向井は32歳、国仲は35歳の同世代婚ってことが、アラサー、アラフォーに支持されている理由の1つ。逆に株を落としたのが、2人の結婚報道の2日前、11月19日に結婚を発表した西島秀俊。西島は43歳、お相手の元会社員は16歳年下の27歳。報道では「非の打ちどころがない彼女」と称賛されているけど、西島に対して「結局、若い女がいいのか」と一部ファンから呆れた声が上がっている。

編集S そんなんで呆れている女性に、「西島が若いコと結婚しようとしまいと、あなたには関係ないよ」と言いたい。

しいちゃん 最後に、上半身裸に黒スパッツ姿のエスパー伊東の話題を。テレビではたまにしか見かけないけど、結婚式や忘年会の余興で全国を飛び回り、年収は2,000万円以上と言われる意外な売れっ子芸人のエスパー。12月8日、公式ブログで、超売れっ子ホストだった過去を告白。ドラマ『黒服物語』(テレビ朝日系)について「面白い!」と感想を述べ、「エスパーもホストやっていたが、芸人になってから営業としてホストしたら女性客同士で取り合いになり 私はオーシャンシップ65万円入れるから、じゃ私はヘネシーのバカラ100万円入れるからと取り合いになり タニマチから毎回約400万円くらいゴチになっていた」と思い出を綴ってる。しかも、これはバブル後の話だって。ほんと、芸能人って一寸先はどうなるかわからないわね!

編集S え! もう遥か遠くの昔にエスパーさんに取材したけど、魔性の魅力を微塵も感じなかった! やっぱりそのぐらいの売れっ子ホストだと、金払いのいい女にしかセクシーな一面を見せないのね。でも、目の前でバッグに入ってくれた姿が今でも忘れられないってことは、私もすっかりエスパーさんの魅力にほだされてるのかも!

そういうフジの姿勢がダサいって言われてるんだぞ!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決