嵐、櫻井翔はなぜ影のリーダーと言われる? その“まとめ力”を検証する

20140214-arashi.jpg
5年連続で紅白歌合戦の司会に抜擢された嵐。

【リアルサウンドより】

 嵐の櫻井翔が、1月3日放送のフジテレビ系新春ドラマスペシャル『大使閣下の料理人』にて、広末涼子と夫婦役を演じることがわかり、話題となっている。櫻井の役どころは、在ベトナム日本国大使館で出される料理をつくる大使館公邸料理人・大沢公で、広末演じる大沢ひとみは、娘と二人で日本からベトナムにいる公を応援しているが、本心では「早く帰ってきてほしい」という思いも抱いている。家庭の悩みを抱えた夫という役は、これまで多くのドラマに出演してきた櫻井にとっても新鮮なようで、囲み取材では「不思議な感じ。そういうシーン(役)をやれるようになったんだな」と語っている。

 そんな櫻井は、嵐の中では“影のリーダー”ともいわれている。11月7日に放送された、嵐のデビュー15周年記念ハワイコンサート『ARASHI BLAST In Hawaii』の模様と、その舞台裏に密着したドキュメンタリー『嵐 15年目の告白~LIVE&DOCUMENT~』(NHK)では、リーダーの大野智自身が「僕は嵐のリーダーと言われていますが、正直、リーダーらしいことはなにもしていません。実は、嵐を支える影のリーダーは櫻井翔だと、僕は思っています」と明かしている。

続きはこちら

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク