側近は「本物の方がデカイ」と謎の宣言!

あまりにデカい! ブリトニーを虜にした元夫のイチモツ画像に米ネット民が騒然

BritneyKevin.jpg
互いにビジュアルが保たれていた頃の2人

 ブリトニー・スピアーズの人格と精神を崩壊させた男として有名な、ダンサーのケヴィン・フェダーライン(36)。長身に甘いマスク、優しい性格でモテモテだったという彼は、22歳のときに黒人女優シャー・ジャクソンとの交際を開始し、2年後、未婚のまま第一子が誕生した。シャーが第二子を妊娠したときも手放しで喜んだものの、その後、ブリトニーのツアーにバックダンサーとして参加し、ブリトニーと浮気したため、シャーとは破局。妊娠中のシャーは激怒したが、ケヴィンは「ブリトニーとは一目惚れだったし、しょうがない」と開き直り、罪悪感ゼロだった。

 交際3カ月目に「するつもりなかったんだけど、ノリで思わず」プロポーズしたところ、ブリトニーは「イエス!」と受け入れ、婚約。妊娠中の内縁の妻を捨てたため、ケヴィンは「金目当て」「ヒモ男」「売名目的」と大バッシングされた。しかし本人はあまり気にせず、2004年9月18日に結婚式を挙げ、「彼女は交際1日目からオレの味方なんだ。オレのこと自慢だって言うんだ。なにもしないで家にいるだけなのにさ。オレの人生の中で、こんなにもオレのことを自慢だって言ってくれた人はいないよ」とヒモ夫宣言ともとれる発言をし、全米は脱力。05年に放送された2人の新婚生活を追ったリアリティ番組『Britney & Kevin: Chaotic』で、ブリトニーは夫婦の性生活について赤裸々に語り、「ブリトニーは彼とのセックスに夢中なだけだろう」と白い目で見られるようになった。

 知名度が上がったケヴィンは、念願のラッパーになろうと、第一子・第二子を立て続けに妊娠したブリトニーを家に置き、精力的に活動を開始した。名が知れている彼だけに話題性は抜群だったが、放置されっぱなしのブリトニーは「こんなハズじゃなかった」と大激怒。携帯電話のメールで離婚を突きつけられるハメになってしまった。しかし、自称“最高のパパ”のケヴィンは、2人の息子たちの親権・養育費などをめぐり裁判で奮闘し、離婚の慰謝料100万ドル(約1億2,000万円)に、親権も獲得して月々2万ドル(約230万円)の養育費もゲットするなど、金銭的にはまったく困らない生活を確保した。

 その後、シャーとも和解し、4人の子どもたちのよき父親として育児に奮闘。ラッパー活動も続け、プロレスラーもどきのパフォーマンスをしたり、激太りを解消するためにダイエット番組に出演するなど、お騒がせB級セレブスターとしての地位を獲得した。私生活では、肥満になった彼を支えてくれた新恋人と、減量に成功した交際5年目に結婚。さらに2人の子どもをもうけ、6人の父親として仕事に育児に忙しい日々を送っている。なお、ブリトニーとも子どもを通して交流しており、これはケヴィンが正真正銘の“よき父親”だからこそ、できる業なのだとも言われている。

 そんなケヴィンが服を着たままベッドに横たわり、勃起したペニスを手に持ち微笑んでいる写真がネットに流出。「想像以上にデカかった」「ブリトニーが夢中になってしまったのもわかる」と、たちまち大騒ぎへと発展した。

 問題の写真は今週、ハードゲイの写真やGIFを集めた「myslutboys.tumbler.com」(現在は閲覧不可)に投稿されたもの。顔は鼻から下しか写っていないが、鼻、唇の形、顎やほほなど顔の輪郭、ヒゲや歯もケヴィンにそっくりで、ケヴィンのイチモツ画像だとネット上は大騒ぎになった。

 実は、ケヴィンのイチモツはすごいというウワサは以前より流れていた。ブリトニーが、『Britney & Kevin: Chaotic』で、「ケヴィンとのセックスって最高!」「エクスタシー、エクスタシー、エクスタシーなのよ!」「1日3回もセックスしちゃった」と満面の笑みを浮かべて語っていたため、「テクニックうんぬんじゃなくて、生まれつきのモノがすごいのだろう」とささやかれてきたのだ。

イチモツにさえ、ブリトニーという付加価値がつくのね……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク