[女性誌速攻レビュー]「ar」12月号

雑誌より読者の方がモテている? 虚しくこだまする「ar」の「Sexy Lady」という女性観

ar1412.jpg
「ar」2014年11月号(主婦と生活社)

 「ar」12月号(主婦と生活社)のテーマは「Recipe for Sexy Lady」。「ar」が考える「Sexy Lady」とはどんな女性なのか、「ワタシ的レディの格言 Ready for Lady!!!」というコーナーを見てみますと……。「最近カワイイだけじゃ物足りなくなってきた」「目指すべき次のステージは新しいLady」と前置きした上で、次のように「Lady」の定義がなされていました。

・どんな環境の中でも楽しめる強さを持っている女性(モデル・比留川游)
・清潔感、色気、賢さ、強さのある女性!(メイクアップアーティスト・河北裕介)
・ココロが豊かで余裕があるから、与えることに惜しみがない(スタイリスト・宮澤敬子)
・賢さと優しさと行動力を持っている人(ライター・根笹美由紀)

 高尚すぎる! 賢さと強さを身につけて、「ar」は何に立ち向かおうとしているのでしょうか。期待しながらページを繰ると、その後に紹介されているファッションやメイクのページは、お約束の「おフェロ」「ほてりチーク」「Hなくちびる」と、一切ブレない(=変わり映えしない)内容だったので、「目指すべき次のステージ」がどこかすっかり見失ってしまいました。「新しいLady」って、結局なんなんですか? 表紙のタイトル上に「じゅんじゅわな冬」って書いてあったんですけど……もしかしてホリケン!?

<トピック>
◎ワタシ的レディの格言 Ready for Lady!!!
◎アノ子が可愛くなった恋の秘密!?
◎もれなくひとめぼれされるのはこんな子だ!

■読者の恋愛観に迫る!

 「おフェロ」「じゅんじゅわ~」などと言っている「ar」の読者とは、いったいどんな女性なのでしょう。「アノ子が可愛くなった恋の秘密!?」というページで、雌ガール代表である読者レポーター(平均年齢26.2歳)を対象に行われた、恋愛に関するアンケートの結果を見てみましょう。

「今、彼はいる?」……いる(73%)
「今の彼、告白は?」……された(84%)
「交際人数平均4.9人」(「誰とも付き合ったことがない」という人はゼロ!)

 恋愛において結構なハイスペックであることがわかります。「ar」は2012年11月号からリニューアルし、「おフェロ」や「雌ガール」を提唱しだしたのですが、「ar」が発情し始めたからこういう読者が集まったのか、読者がこうだから発情し始めたのか、いずれにせよ恋愛に対して自分なりに手練手管を持った読者が多いようです。「ar」より読者のほうがモテてしまっているんですね。

「CLASSY.」よりもカネカネしてるな!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  9. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー