反町はつりに夢中!

松嶋菜々子、「女優生命の危機」!? 『ミタ』脚本家との断絶と“ドーベルマン騒動”後遺症

matsushimananako02.jpg
無表情の威圧感はナンバー1女優

 思いがけぬトラブルや恩師への“不義理”と、不祥事ばかりが相次ぐ松嶋菜々子が「四面楚歌になりつつある」と、27日発売の「女性セブン」(小学館)が報じている。かつては好きな女優ランキングの常連、また「CM女王」とすら呼ばれていた松嶋だったが、近頃ではその姿さえとんと見なくなってしまっている。

 同誌によると松嶋は、11月中旬に行われた脚本家・遊川和彦氏の結婚披露宴パーティーに、彼のドラマの主演を務めた天海祐希や菅野美穂らが来場する中、ついに最後まで姿を見せなかったという。遊川氏と松嶋といえば、視聴率40%超えの大ヒットドラマとなった2011年『家政婦のミタ』(日本テレビ系)での強力タッグが思い出されるが、両者には一体何があったのか。

「幾度となく続編の企画やウワサが浮上していた『家政婦のミタ』ですが、度重なるオファーにも松嶋は首を縦に振らなかった。また以前にも一部で報じられましたが、来年1月から放送される遊川氏脚本の最新作『○○妻』(同)も、当初は松嶋主演で『家政婦のミタ』をほうふつとさせる作品となるはずだったものの、松嶋側は『次女の小学校の受験で忙しくなるから』と断り、結局主演は柴咲コウと正式発表されるに至っています。こうした経緯があり、遊川氏と松嶋の間にみぞができてしまったわけです」(芸能ライター)

 さらに関係者によると、松嶋が『家政婦のミタ』の続編を嫌がった理由に「1つの役のイメージに縛られたくない」という理由があったという。

「しかし『救命病棟24時』(フジテレビ系)の続編には出演していることから、松嶋は遊川氏の生み出したキャラクターを否定する形に。そのことに、遊川氏はすごく残念がっていたそうです」(同)

 そして極めつきが、2011年に発生したドーベルマン騒動だ。松嶋家の飼い犬が、隣人の佐藤可士和氏の妻に噛み付いたことにより、マンション管理会社から裁判を起こされ、昨年の控訴審で約1,700万円の支払いを命じられている。『○○妻』に出演しなかったのも、実は「この一件について、記者会見などの場で触れられることを避けたかったのでは」(週刊誌記者)という情報も出ている。

「こうしたトラブルが続き、今年の松嶋の主だった仕事は映画『思い出のマーニー』の声優のみ。正月に三谷幸喜脚本のスペシャルドラマ『オリエント急行殺人事件』(同)に出演予定ですが、連続ドラマ出演の情報は聞こえてきません。夫の反町隆史にしても、近頃は家にも居づらいのか、ヒマを見つけては琵琶湖にある別荘へと逃げこみ、バス釣りざんまいだそう。夫婦そろってかつての輝きは消え失せつつあります」(同)

 01年、人気絶頂の俳優・女優だった両者の結婚は世間に大きな衝撃を与えたものだったが、10年以上が経過した今、こうしたプライベートの不祥事や人気の陰りが報じられるのは、世間のみならず当人たちでさえ、想像さえもつかなかったことだろう。

『ミタ』の影に隠れてしまった元祖『見た』の復活求む!  

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク