ドタバタ舞台裏

「ゆずら常連組落選のワケ」「リークしまくりのエイベックス」どこも報じない『紅白』一行情報

yuzuyuzu.jpg
『LIVE FILMS GO LAND』/トイズファクトリー

 26日、大みそかの『第65回NHK紅白歌合戦』の出場歌手が同局より発表された。しかし発表に前後して、メディア関係者の間では出場者のフライング情報やリーク説が飛び交うなど、NHK関係者をピリピリさせる事態が起こっていたようだ。そこで今回は、「どこも報じない」紅白にまつわる裏情報をお届けしよう。

■常連組落選の原因はジャニーズ&AKB48枠増加

 今回、初出場を決めたアーティストより世間を騒がせたのが、常連組の“落選”だったようだ。

「初出場で驚かれたのはV6くらいのもので、薬師丸ひろ子に関しては『なぜ今年?』という感が強かった。むしろネット上で話題になっているのは、ゆずやコブクロ、aikoといった常連組の落選です。次々と出場枠を増やすジャニーズやエイベックス、AKB48勢に対応するには“リストラ”も必要ですが、結果的に初出場組よりそちらに注目が集まるという、悪循環が続いていきそうですね」(芸能ライター)

■出演者&関係者の当落“誤爆”が多発!

 そして内定“報道”に留まらず、発表を前にしてアーティスト側が出演を認めてしまうのはやはり問題だ。

「報道に対してTwitterで『卒業』と断言した浜崎あゆみは論外(既報)として、初出場のHKT48・村重杏奈がGoogle+で『紅白出場決定だってーーーーーー
うれしい!!!!』と発言、その後間違いに気付いたのか『正式発表まだなんだ』と訂正しました。さらに今後大問題に発展しかねないのが、日刊スポーツの音楽担当S記者がトークライブアプリ・755で『今日はHKTの紅白出場会見がある』と、午前中に明言してしまったこと。『軽率ではありますね』という注意喚起に対して『そう言われると、また皆さんと遊べなくなっちゃうので、気を付けてください』『うっかりを演じるリップサービス、エンターテインメントがあるってことを覚えておいてください(^_^;)』と言い返すなど、開き直るような態度を見せていました」(スポーツ紙記者)

■出場者情報を漏らしまくりだったエイベックス

 ルール違反を犯した上に開き直りとあっては、世間だけでなく業界関係者が首をかしげてしまうのも当然だろう。しかし“フライング情報”の出処は歌手やマスコミではなく、実はレコード会社がメインなのだという。

「各アーティストのスケジュール調整が必要なだけに、事務所よりも先に出演決定情報が届くのがレコード会社ですからね。しかし今年のエイベックスは、浜崎の落選を始めとしてV6、『アナと雪の女王』に『妖怪ウォッチ』(テレビ東京系)コーナーと、数多くの当選情報を親しいメディアに流しまくっていました」(レコード会社関係者)

■小林幸子、“武道館ガラガラ”で落選か

 そして業界内で「カムバック枠」として注目されていたものの、結果的に落選となってしまったのが小林幸子だという。

「一昨年の事務所独立騒動で、『紅白』から“干されてしまった”小林ですが、NHKとしては豪華衣装というコンテンツは捨てがたい思いもあり、『紅白』キャスティングに大きな影響力を持つ“芸能界のドン”ことバーニングプロダクション・周防郁雄社長からも出演の許可を取り付けていたんです。本人も先日の日本武道館公演では、集まったマスコミに『NHKの方も見に来てくれていました』とアピールするなど色目を使っていたものですが、実際には客席はガラガラ。動員数は6,500人と公表されましたが、数字を盛っていいたのでは。まぁ盛っていたとしても、最大キャパシティー1万3,000人の半分の数字だけに『紅白』落選も仕方ないことかもしれません」(前出・記者)

 最近では、ふなっしーならぬ「こばやっしー」なるゆるキャラまで登場させるなど、もはや迷走状態の小林。今年はコミックマーケットへの参加やボーカロイドCDの発売など、オタク業界へのアプローチが話題になったが、「その裏では『紅白』のために年末のスケジュールを空けておくなど、結局は紅白復帰に未練タラタラであることが伺えました」(同)という。

 毎年『紅白』をめぐるすったもんだはつきものだが、今年は本筋よりもこちらの方が話題性を含んでいたかも?

「こばやっしー」はゆるいというより切実キャラ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「ゆずら常連組落選のワケ」「リークしまくりのエイベックス」どこも報じない『紅白』一行情報のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! HKT48・NHK紅白歌合戦・ゆず・小林幸子・浜崎あゆみ・芸能ウラ情報のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 消えた“朝ドラヒロイン”女優はいま
  2. アレク、不倫カーセックス写真は序の口!?
  3. 消えたタレント料理人たちは今
  4. 神格化に疑問を感じる大物芸人は?
  5. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  6. イソフラボン配合はまやかし?
  7. 自称「女に嫉妬される」婚外恋愛女性
  8. デブのおばさん人気風俗嬢になったわけ
  9. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  10. プウ美ねえさん流体重キープ術
  11. “クビ寸前”野球選手の女子アナ妻
  12. 消えた女芸人・アジアン隅田美保は今
  13. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  14. 渡辺麻友の発言が報道NGのドタバタ劇
  15. 平愛梨&祐奈、姉妹揃ってアンチ急増
  16. 消えた人気女性アスリートは今
  17. 山本裕典、ベッド写真流出に新展開
  18. “クズすぎる男性タレント”暴露
  19. 田中萌アナ、同僚から「珍獣扱い」
  20. 王道体位から刺激的体位、足ピンオナニー常習者まで…みんなが気持ちいいクンニ体位4選!

ジャニーズの人気記事

  1. 小山&横尾の炎上、上層部知らない!?
  2. ジャニオタから見たハロコン初参戦記
  3. キスマイ・横尾、北山批判発言で波紋
  4. ジャニーズ春の卒業・進学事情
  5. 『VS嵐』女子アナ出演で炎上

カルチャーの人気記事

  1. 愚かなお笑い芸人化した東村アキコ
  2. 「婦人公論」に、内村母・杉山母が登場!
  3. 2世議員に覚せい剤使用のウワサ!
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 毒母問題の一因は、母を崇高化すること

海外ゴシップの人気記事

  1. ケシャ、スッピン撮られて1日でディーヴァに変身
  2. 大金持ちと結婚した女性セレブ
  3. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと
  4. キム、パリの強盗被害を生々しく語る
  5. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参