噂の女"神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第247回】

ダルビッシュ有、Twitter交際宣言のウラ側で進められた古閑美保との“食事会”

jyoseijisin1125.jpg
「女性セブン」12月4日号(小学館)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 京都で起こった連続不審死事件が話題だ。周囲に7人以上の不審死男性が存在し、容疑者の筧千佐子(67歳)が得た遺産などは8億円にも上るといわれている。同じく連続不審死事件の木嶋佳苗や上田美由紀に比べても、金銭的にスケールが違う。これも年の功というのだろうか。

第247回(11/20~25発売号より)

1位「ダルビッシュを組み伏せた最強の花嫁は山本聖子」(「女性セブン」12月4日号)
2位「柴咲コウ 中田ヒデがお泊まりしない理由」(「女性セブン」12月4日号)
3位「松田聖子 『私、長男の嫁ですから…』姑を感涙させた黒喪服の献身!」(「女性自身」12月9日号)

 
 文句なしのスクープなはずだった。「セブン」が報じたダルビッシュの新恋人発覚報道だ。入念に取材をして、写真も押さえた。しかし――。

 周知の通り、ダルは「セブン」発売前の11月18日に自身のTwitterで堂々の交際宣言をした。しかも超ラブラブツーショット写真付きだ。これまでマスコミ報道の前に芸能人たちがブログやTwitterで交際宣言やら入籍報告やらをしてスクープ潰しを行うことは恒例になっている。とはいえ、今回は相当の早業だった。その様子は「セブン」にもこう記されている。

「(締め切り前に所属事務所にコメントを求めた)わずか8分後にコメントが届き、その約15分後の午後4時3分、ダルは自身のツイッターで、聖子との交際宣言をやってのけた」

 「セブン」もこんなことは初体験だと驚くが、確かに心中後察しします。原稿も速攻で、一部書き換えなくちゃいけないしね。だが、「セブン」はダルのTwitterでは描かれない興味深い情報がテンコ盛りだった。

 ダルの交際宣言から遡ること約20日の10月27日、ダルとの交際をうわさされたことのあるフジテレビの加藤綾子アナは、この日の出演番組中、体調不良で途中退席をするという異変に襲われた。同日夜、同じく連泊お泊まりを報じられたことのある古閑美保は友人を含め、ダルと食事をした。そこでダルの口から飛び出したのが元レスリング日本代表の山本聖子と「入籍しようと思っている」との衝撃発言だった。

古閑タイプは一番Twitterやっちゃいけないんだって!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク