その他
【ジャニーズ研究会レポート】

NEWS加藤シゲアキ、ニューハーフの話題に「タマなしサオあり」と興奮隠し切れず

NEWS加藤シゲアキ、ニューハーフの話題に「タマなしサオあり」と興奮隠し切れず

 11月21日深夜放送の『有吉ジャポン』(TBS系)にNEWS加藤シゲアキが出演しました。深夜枠とあってディープな話題も多いこの番組。MCの有吉弘行が「ジャニーズの人がここに出てもいいんですね」と質問すると、「今日は作家として呼ばれたんで」と加藤。2012年に『ピンクとグレー』で作家デビュー以来、13年に『閃光スクランブル』、今年3月には『Burn.―バーン―』(いずれも角川書店)を発売し、9月からは「週刊SPA!」(扶桑社)誌上で短編小説『アンドレス』を連載するなど、精力的に執筆活動を続けています。冒頭、有吉から「そもそもなぜ小説を書こうと思ったのか」と聞かれ、「文化人と呼ばれたかったから」と答えていましたが、この日一時的にアイドルの鎧を脱ぎ捨てようとした加藤の口からは、とんでもない発言が次々と飛び出しました。  番組の内容は、働く女性の給料を出演者たちが予想するというもの。レギュラー出演している新宿No.1ニューハーフ・ベルが、男性の家事代行サービスを頼んで怖い思いをしたという話から、有吉が「加藤さんみたいな男性(が来たら)どう?」と尋ねます。すると「むしろもっとお金渡しちゃうよね!」とベル。加藤はうれしそうに大笑いしますが、深夜番組の洗礼はここから。有吉が「加藤さんも(ベルの長い)ツメでタマ金を……」とツメの先で揉む仕草をすると、加藤は目を泳がせて絶句。「作家として呼ばれた」と豪語しながらも、どう振る舞って良いかわからないようです。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

NEWS加藤シゲアキ、ニューハーフの話題に「タマなしサオあり」と興奮隠し切れずのページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  4. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  5. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  6. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  7. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  8. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  9. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  10. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  11. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  12. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  13. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  14. ラルク20周年展をファンが批難
  15. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  16. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  17. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  18. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  19. 「オワコン女優」認定の3人は?
  20. GLAY・TERU、劣化&老化の衝撃画像

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  4. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  5. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル

カルチャーの人気記事

  1. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  2. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 高島彩「Domani」で優等生発言
  5. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり