掘り返さずにはいられない

“共演者キラー” 向井理&“関ジャニ∞と結婚間近” 国仲涼子、うわさの夫婦の恋愛遍歴

20141121mukai.jpg
『向井理、ビストロ修行 ハングリー!な簡単レシピ53』(マガジンハウス)

 向井理と国仲涼子が来月にも婚姻届を提出すると、21日付のスポーツニッポンとスポーツ報知が1面で報じた。2人は2012年1~3月放送のドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)で共演したことをきっかけに交際に発展し、同年12月には「女性セブン」(小学館)が2人のデートを報道。その後も真剣交際を続け、ついに結婚に踏み切ったようだ。

 10年12月の「フライデー」(講談社)では、11年9月公開の初主演映画『僕たちは世界を変えることができない。』で共演した椿木琴乃との“お泊まり愛”を報じられた向井。ほかにも、北川景子、原田夏希、南明奈と、映画やドラマで共演したタレントとの交際がささやかれるなど、 “共演者キラー”と伝えられてきた。

 一方の国仲は、07年に武田真治との「アツアツ遊園地デート」が「週刊女性」(主婦と生活社)に報じられ、09年には上地雄輔と熱愛のウワサが持ち上がった。

「中でも話題になったのは、10年4月に『週刊女性』の報道で発覚した関ジャニ∞・安田章大との交際でしょう。2人は安田の愛車で郊外のゴルフ練習場を訪れ、仲良くゴルフをプレーしていたそうで、同誌にはツーショット写真も掲載されていました。12年7月の同誌によれば、国仲との結婚を意識するようになった安田は、ジャニー喜多川社長に『結婚させてください』と直談判したものの、ジャニー社長に『ユー、何言ってるの』と一蹴されてしまったとか。その結果、11年には破局を迎えていたようです」(芸能ライター)

 そして12年、「女性セブン」が向井と国仲の熱愛をキャッチ。神奈川・横浜市のインテリアショップ「IKEA」で布団のシーツやベッドカバーを購入したという具体的な記述や、湘南のレストランや都内の鉄板焼き屋でデートが目撃されていると伝えたが……。

「向井は国仲とのデートを報じた『女性セブン』の記事を受け、自分の思い通りに報道してくれる、ごく一部の親しい記者のみを招待した『懇親会』なる集いを開催。選りすぐりの媒体のみに『根も葉もない話です』『レストランにはスタッフさんもいました』などと話し、国仲との交際を否定したんです。しかしこんな念入りな“マスコミ操作”で交際を否定しておいて、結局2年後に結婚というのは、少々男を下げてしまったのでは。さらにいえば、この発言について国仲にどう言い繕っていたのかも気になるところですが」(週刊誌記者)

 竹野内豊の交際宣言、西島秀俊の結婚発表と人気俳優が次々と年貢を収めつつある最中だけに、ぜひ向井にも入籍時には男気あふれる報告をしてくれることに期待したい。

あの惨敗ドラマで出会ったという奇跡

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏
  6. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  9. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  10. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  11. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  12. キャラ変え好調の乙武洋匡
  13. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  19. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  20. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  5. 東村『ヒモザイル』炎上3つの理由

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー