古閑美保、息してる?

ダルビッシュ有、突然の交際宣言は「スクープ潰し」! 「女性セブン」ブチ切れの舞台裏

darubissyu.jpg
ダルはマウンド以外でもいつだってガチ

 18日、ダルビッシュ有が、Twitter上でレスリング元世界王者・山本聖子との“交際宣言”をした。20日発売の「女性セブン」(小学館)は、計4ページに渡って、交際の詳細やダルビッシュの元カノ・古閑美保の心境など事細かに報道しているが、ダルビッシュのこの突然の交際宣言には、「女性セブン」が深く絡んでいるようだ。

 ダルビッシュは18日、突然Twitterに「2人で相談し、オープンに付き合って行くことにしました」として、2枚のツーショット写真を掲載。また、今年9に離婚したばかりの山本について、一般アカウントから「お付き合いするのが早すぎませんか?」と質問されると「期間は関係ありますか?子供とも仲良いですし世間は関係ないです」などと反論していた。

「このTwitterでの交際宣言は、『女性セブン』がダルビッシュのマネジメントを担当するエイベックスに、山本との交際について問い合わせを行ってから、わずか30分以内に行われたこと。つまり、『女性セブン』に交際を報じられる前に、自ら公表してしまったというわけです。この行為は完全な“スクープ潰し”であるため、『女性セブン』側は大激怒。それこそエイベックスに対して、怒鳴り込みを掛けるほどの勢いだったようです」(芸能プロ関係者)

 この件以前から、「女性セブン」とダルビッシュには深い因縁があるという。マスコミ嫌いで知られるダルビッシュだが、かつて同誌の記者に張り込まれていたことについて、Twitterで「週刊誌の車に待ち伏せられてたから逆に追いかけてたんだけど、この人たちは人のプライベート売った金で飯食って悲しくないのかね?」「家族が悲しむぞー」などとツイートしたことも話題になった。

 そんな中で行われた、スクープ潰しの交際宣言……テレビ局スタッフは、ダルビッシュの心境をこう予想する。

「単純に週刊誌に書かれるくらいなら、先にバラしてしまおうと判断しただけでしょう。本心では不倫を疑われないよう、交際宣言はもうしばらく後にしようと画策していたところに“宿敵”に勘づかれてしまったとあって、焦って発表したといったところでは」

 しかし、こうしたダルビッシュの不要なマスコミ挑発には、エイベックスでさえ手を焼いているのだという。

「マネジメントといいつつも、エイベックスがダルビッシュをコントロールできているとは到底思えない。これ以上メディアとの関係が悪化してしまうと、かつて一瞬だけ交際していた声優の平野綾など、過去のスキャンダルなどもほじくり返される危険性もあるだけに、不用意な発言に一番胃を痛めているのはエイベックスでしょうね」(前出・芸能プロ関係者)

 スクープ潰しに泣いた「女性セブン」のさらなる反撃はあるのか? ダルビッシュの動向に注目が集まる。
(須田恭也)

女選びも「怖いもの知らず」だもんね~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー