生き残るにはワケがある

連日暴言&大炎上のテリー伊藤、テレビ関係者が明かす「ホントの業界評」

itouterry.jpg
一体誰の需要を満たす発言なのか……

 NONSTYLE・井上裕介、ウーマンラッシュアワー・村本大輔、辻希美……「炎上タレント」として世を賑わすタレントたちの中でも、“毎朝”炎上していることで名をはせているのが、朝の情報ワイドショー『スッキリ!!』(日本テレビ系)に出演中のテリー伊藤だ。

 先日は、外国人ナンパ師ジュリアン・ブランクが説く手荒なナンパ術の報道に対し、「尻軽の女の子だって実際いるわけだから」と誘われる女性側が悪いともとれるコメントを発言。ネットで大炎上する騒ぎとなったが、テリーは過去にも暴言・妄言・問題発言を放ち、そのたびに物議を醸してきた。その“炎上”言行録の一部をひも解いてみると……。

 6月、東京・池袋で脱法ハーブを吸引した男が運転する車が8人をはね、死傷させた事件について、「僕ら若い頃それこそシンナーとかね、そういうのでみんな遊んでたって時代ってあるじゃないですか」と、シンナー吸引を容認するかのような発言をしたものの、同調する者は現れなかった。

 さらに同月、大阪・維新の会が生活保護費に関し、現金ではなく、食料や日用品と交換し、現物支給するためのクーポン券を発行するという案を打ち出したことに対しテリーは猛反対。「(生活保護費で)パチンコやってなにが悪い。アダルトビデオを楽しんだらいけないのか。いいじゃないですか。人間、生きてるんですから」と激昂。これに対してネットは炎上を呈した。

 9月には、巨大なタコに絡みつかれて顔をしかめる女性を写した衝撃写真を紹介しながら、嬉々とした表情で「完全にこれ、タコにレイプされてます!」「このあと家に帰ってね、『おまえタコにレイプされたろう!』と大変な騒ぎになってるんですよ!」などと発言。見かねた日本テレビ・杉野真実アナに「テリーさん、口を慎んでください」と注意されたものの、返答せず無視。

 10月27日の放送では、エボラ出血熱の騒動のさなか、「日本のマスコミがどんどんリベリアやギニアに行って撮影しにいくべき」といった発言を放ち、ネットでは「感染したらどうすんだよ」「じゃあお前が行けよ」とまたしても炎上していた。

 こういった暴言を繰り返すテリーに対し、同番組の司会で、かつて“狂犬”の異名をとった極楽とんぼ・加藤浩次からもたしなめるシーンも度々見られ、スタジオに不穏な空気が流れる場面もある。そんなテリーだが、この『スッキリ!!』のほか『爆報!THEフライデー』(TBS系)など週レギュラーはラジオを含めて実に5本。どうしてここまで重宝されているのだろうか。

「テリーさんはスタッフに取り入るのがうまい。長らく自身がディレクターとして生きてきたためか、裏方の努力を理解してくれるので現場ウケが良い。一方、タレントとしては、何の評判がないよりは、悪評を受け、ひんしゅくを買ったほうがよっぽどいいと思っているフシがあり、形勢不利な側を確信犯的に擁護することがある」(制作スタッフ)

 ワケ知り顔で識者ぶったり、耳触りのよい、角の立たない言葉を言うより、先鋭化しているコメントのほうが極めて「テレビ的」であることから起用が続いているという。

 テリーも自著『「いい人」をやめると、ハッピーになる』(成美堂出版)にて、「悪評を流される人は、それ自体、その人に存在感があるということだ。歴史上、究極の悪評を流されたイエス・キリストは、ゴルゴダの丘で磔(はりつけ)にされながらも最後まで毅然としていた。このイエス・キリストの姿勢こそ、悪評を流された人間の最高の立ち向かい方だ」と、自らの攻撃姿勢をキリストになぞらえて解説している。

 ネットユーザーの中には『スッキリ!!』の出演に関し、「テリーは不愉快だから降板させてほしい」「日テレに苦情を入れテリー伊藤の降板を求める署名をする事に決めた」など、番組降板も辞さない声を挙げている者もいるが、そんな当人に降板の意志はない模様。スッキリしない朝は当分続きそうだ。

ある種の請負人てこと?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク