スピリチュアル注意報発令!!

羽生結弦、“チャクラ”整体師に批判殺到! 「完全に洗脳」「コーチの言葉聞かなくなる」の声

hanyuyuzuru200.jpg
結弦が心配すぎて震える、おかんファン続出

 8日、ソチ五輪金メダリストの羽生結弦が、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第3戦、中国杯の練習中に他選手と激突しケガを負った。頭部から出血し、氷上が血に染まるというショッキングな出来事だったが、その後羽生は包帯姿でリンクに上がり、結果2位に滑りこむ演技を見せた。ファンからは心配と称賛の声が上がっているが、現在一部ネットユーザーの間で、羽生が懇意にしているという“整体師”が話題になっているという。

「羽生が子どもの頃から付き合いがあるという、接骨院院長の菊地晃氏です。菊地氏は、フィギュアスケート日本代表選手団のトレーナーとして名を連ねており、事故が起こった際もリンクサイドで羽生を支えていた人物ですが、実はこの菊地氏、科学的根拠のないスピリチュアルな治療をすることで有名なんです。“経気四門療法”という独自の治療法を考案し、地元では“チャクラの仙人”と呼ばれているとか。羽生がつけている、パワーストーンがあしらわれたひし形のペンダントも、この菊地氏が開発したものだそうです」(芸能ライター)

 女性週刊誌の報道によると、そのペンダントは、タイから取り寄せた石に、菊地氏自ら依頼者に応じた念を込めたチャクラの図が描かれたシールが貼られたもので、1個5,000円の値がついているという。「このペンダントを重要な試合時に必ずつけていることから、羽生がいかに菊池氏に絶大な信頼を寄せているかがわかる。このペンダントをつけていることで、ジャンプ技術が上達し、持病の喘息も落ち着いたと信じているそうです」(同)というが、ネットユーザーの反応は冷ややかだ。

「元オセロ・中島知子、X JAPAN・Toshl、貴乃花親方など、芸能界では度々洗脳騒動が取り沙汰されています。そのせいもあってか、ネットユーザーからは『羽生の周りにはまともな大人がいないのか……』『完全に洗脳されている』『コーチの言葉を聞かなくなってしまう』『ケガを押して試合に出たのも、この人の意見を聞いたからなのでは?』といった心配の声が続出。これからという時期、整体師の思想にのめり込むあまりに、選手生命を断たれる危険性を指摘する人が多いようです」(芸能誌記者)

 また、菊地氏自身への疑惑の目も強くなっている。菊地氏のブログでは、自作のチャクラカードを写真付きで紹介し、「痛みに対しての効果は抜群」「(カードを)コースターがわりに使い、味の変化を体感する予定」などと書き綴っている。

「カードが痛みに効果的などと、明らかに科学的根拠のない記述に、ネットユーザーの中には怒りを露わにする者も。さらに菊地氏はブログで、羽生のジャンプの問題点を改善したと報告した後、『あの選手もおそらくこの問題点が改善されずジャンプ出来ないんではないかなぁ 来たら教えてあげましょうねぇ 来ないと思うけど 爆笑』と綴っており、これは『浅田真央選手のことではないか?』とネット上で言われています。怪しげな療法を実践している上に、この上から目線の語り口には、『ムカつく』と声を上げる人もいます。このままでは、菊池氏をトレーナーとしている日本スケート連盟に対しても、批判が殺到することになりそうです」(同)

 帰国後、頭部挫創などで全治2~3週間の診断が下ったことが報道された羽生。ファンにとってはケガとともに、大きな心配事が増えてしまったようだ。

整体師は若干くまのプーさん似です

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク