大統領選へのモチベーション!?

孫誕生に舞い上がるヒラリーをけん制した、クリントン元大統領の名言が素晴らしい

HillaryClinton01.jpg
実母の孫フィーバーって、ほんっと厄介だよね……

 アメリカ大統領の職を終え13年がたつ今も、国民から高い支持を得ているビル・クリントン。しかし、心臓に持病を抱え、2度の大手術を経験して体重もかなり減ったことから、ここ数年は度々「余命6カ月」と報じられている。そんなビルと妻ヒラリーに9月26日、待望の孫が誕生。一人娘のチェルシーが第一子となる女児シャーロットを出産した。ビルとヒラリーはすぐに病院に駆けつけ、いとおしそうに孫を抱く写真を公開し、全米から祝福された。

 おじいちゃんになり、はや1カ月半が過ぎようとしているビルが、人気コメディエンヌ、エレン・デジェネレスが司会を務める人気トーク番組『エレンの部屋』に出演し、目尻を下げながら、孫やヒラリーについて語った。

 エレンから「おじいちゃん、なんですよね。おめでとう!」と言われたビルは、下唇を噛み首を横に振り、“こんなに幸せでいいのか”という表情を浮かべながら、「ヒラリーと私には子どもが1人しかいないけど、とても素晴らしい子でね。でも、我が子が赤ん坊だった頃は、はるか昔のことだからねぇ」と新生児と触れ合えることがうれしくてたまらないと明かした。そして、「この金曜日で生後6週間になるんだけど、この世に誕生して成長していく過程がたまらなくてね。最初の3週間は笑わないし泣かないし、とにかく全てを吸収することに集中している時期なんだよ。私の頭の中もそうであれば、さぞかし幸せなのにって思うよ」と目尻を下げ、「孫は格別だね。幸せのレベルが違う」と孫にメロメロな自分をさらけ出した。

 ビルは続けて、「孫が人生のリズムをつかむ手助けをしてくれたようにも感じるんだ。自分の死についても、ポジティブに考えられるようになったね」としみじみ語り、会場はしんみりとした雰囲気に。ヒラリーがかねてからウワサされている2016年の大統領選に出馬するのかどうか知りたいエレンは、そんな空気にお構いなく、「ヒラリーがお孫さんと接しているときは、大統領的な接し方ですか、それともばあば的な……」と質問。観客が大爆笑する中、ビルは「ヒラリーはとにかく愛を注ぐ、メロメロで孫に夢中なおばあちゃんだよ」とうまくかわした。

 また、「ヒラリーとあなたと、どちらの方が孫に甘いのでしょう?」と聞かれたビルは、「まだ甘やかす時間がなくてね」と言いながらニヤニヤした顔で座り直して、「孫が生まれると聞いて病院に向かう道中、ヒラリーにこう言ったんだよ。“我々の子どもじゃないんだからね。会いに行くのは呼ばれたときだけ。なにかするのも頼まれたことだけだよ”って」と初孫フィーバーのあまりヒラリーが暴走しないようにと釘を刺していたことを告白。「甘やかせる機会は今後たくさんあると思うけど、今は、ねぇ。とにかく孫は全てを吸収することに必死だから」とユーモアたっぷりに語った。

 大統領選の話をどうしても聞き出したいエレンは「プレゼントを用意しました!」と、ピンクのベビー服2枚を観客に向かって披露。1つは、「あたしのおばあちゃん、2016年の大統領選に出るの」とプリントされたもの。もう1つは、「あたしのおばあちゃん、専業ばあばなの」とプリントされたもの。「どちらがいいでしょうかね?」と聞かれたビルは笑いながら、大統領選とプリントされたベビー服を指さして「もしこちらを選んだら、国のためなるってことだね」と言い、続けて専業ばあばとプリントされた方を指さし、「こっちでもヒラリーはめちゃくちゃ幸せだ」とニヤニヤ。「両方いただいていいかな。ヒラリーが決めた後に孫にプレゼントすることにしよう」と笑顔を見せた。

孫フィーバーすら金にする男!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク